聖殿のニュース

佐藤顕会長「輝かしい5月を迎えて」2020.4.26

Author
fujio kim
Date
2020-04-27 12:27
Views
132
韓国語字幕, 9分


時 : 2020年 4月26日 日曜日
場 : 사이버 선데이 서비스
所 : 山口(야마구치) 聖殿(성전)

佐藤顕(사토 켄) 會長:

燦爛(찬란)한 5月을 맞이하여 어제는 반가운 소식도 있었습니다. 文亨進二代王님의 둘째 아들이신 信萬(신만)님의 대상자가 결정됐다는 것이었습니다. 어떤 韓國聖殿(한국성전)會長님의 子女이신 분이 信萬님의 新婦(신부)가 되는 것으로 결정되었습니다.

또한 信八(신팔)님에 있어서도, 아기를 갖게 되었다고 들었습니다. 드디어 亨進二代王님家族이 이제 퍼져갈 수 있게 되었다고 할 수 있습니다.

曠野時代(광야시대) 를 거쳐 오시면서이제 文亨進二代王님의 子女님들이 確實(확실)히 성장해 나가시고 家庭基盤(가정기반)을 다져 가시고 또한 繁殖(번식)해 나가시는그런 모습을 볼 때, 하나님께서 아브라함을 祝福(축복)하신 말씀이 떠오르는 것입니다. 「生育(생육)하고 繁盛(번성)하며 땅에 가득하여」 , 「이것들은 너희의 손에 붙였음이니라」. 文亨進二代王님의 王家(왕가), 天一國(천일국)의 家族(가족), 國民(국민)들, 또는 國土(국토), 그런 것이 조금씩 具體的(구체적)이고 現實的(현실적)인 모양을 가지고 확대해 나가는 그런 時代(시대)를 맞이하고 있다는 것을 느낄 수 있는 반가운 소식을 기쁜 마음으로 여러분들과 共有(공유)하겠습니다.

3月부터 계속 이 우한 코로나바이러스의 위협 속에서 사이버 선데이 서비스 형태로 禮拜(예배)를 실시해 왔습니다만 아직도 형제자매 食口님들과 모여서 禮拜(예배)를 할 수 없어서 사이버(=인터넷) 선데이(=일요일) 서비스(=예배) 영상으로 여러분과 뵙게 됐습니다.

그런데 文亨進二代王님께서 (2020年)3月25日 說敎(설교)에서 「참父母님記念館(기념관)을 빨리 만들어야 된다」 「빨리 세워야 된다」는 그런 말씀을 들은 저희들은 山口(야마구치)聖殿 4月의 活動目標(활동목표)를 「참父母님記念館(기념관)獻金(헌금)」 으로 정하고, 거기에 조금이라도 기여하고 싶다, 그런 마음을 가지고 食口여러분과 「總力(총력)을 結集(결집)해서 이 獻金活動(헌금활동)에 임하고 나가자!」 그렇게 호소하고 출발한 4月의 걸음이었습니다.

그래서 獻金目標額(헌금목표액)을「5만 달러」(한국돈으로 약 6천만원) 라는 목표를 내걸고 출발 하였지만, 오늘 이 4月26日이라는 4月마지막日曜日(일요일)에 여러분에게 보고 할 수 있는 獻金總額(헌금총액)은 8만달러를 달성할 수 있게 됐다는 것을 여러분에게 기꺼이 보고드리고자 합니다.

여러분의 精誠(정성)을 모아서 이 8만 달러의 獻金(헌금)을 美國本部에게 전달할 수 있었다는 것은, 우리에 있어서 정말 기쁜 일이었다고 생각합니다.

물론,이 獻金攝理(헌금섭리)라는 것은, 야마구치 성전만 하는 것은 아니라 文亨進二代王님을 모시는 생츄어리敎會에서의 수많은 食口들이 獻金(헌금)을 하고 있는 것으로 생각됩니다.

사탄 勢力(세력)이 一掃(일소)되면서 참 하나님의 天一國, 千年王國時代(천년왕국시대)를 맞이하게 될 올해가 그 重要한 2020年이라고 할 수 있습니다. 그러므로 우리의 使命(사명)과 責任(책임)은 美國(미국)에서 善神(선신)의 役事(역사)가 일어날 수 있도록 10.14의 鐵杖祝祭(철장축제)를 向(향)해 도와드리는 것입니다.

勝利(승리)하신 가인과 아벨이 계시는 펜실베니야말로 우리가 希望(희망)을 걸고 찾아가야 될 最高(최고)의 聖地(성지)로서, 그리고 勝利(승리)하신 참父母님이 계시는 聖地(성지)로서 그 記念館(기념관)을 만들어가는 그 작업에 우리도 참여하고 精誠(정성)을 모아야 된다고 생각하고 있습니다.

美國 現地(현지)에서 直接參與(직접참여)하지 못하고 日本에서 精誠(정성)을 드릴 수 밖에 없어서 한심한 그런 생각도 없지 않아 있습니다. 그러나 우리는 精誠(정성)과 心情(심정)을 담아, 美國本部(미국본부)에 8만달러를 보내 드린 것을 通해, 조금이라도 참父母님記念館과 그리스도의 新婦庭園(신부정원)建設(건설)이 促進化(촉진화)되고, 그리고 하루빨리 文亨進二代王님의 뜻, 참父母님의 心情(심정)에 알맞는 記念館(기념관)이 建設(건설)되고, 그 記念館(기념관)을 中心으로 善靈役事(선령역사)가 참父母님을 中心으로 하나님의 全權(전권)이 行使(행사)되는 큰 役事(역사)가 시작될 것으로 그렇게 굳게 믿고 있습니다.

그런 時代(시대)는 반드시 옵니다. 하나님의 王國(왕국)은 반드시 옵니다. 그것을 爲해서 넘어야 할 山이 있고 올라 가야 할 언덕길도 많이 있을 것은 틀림 없습니다.

지금 현재 우리가 이렇게 살고있는 이 때는바로 하나님의 復歸攝理(복귀섭리)속에서 最終段階(최종단계)에 있는 아주 重要한 完成攝理(완성섭리)를 걷고 있으니 全面的(전면적)인 사탄과의 싸움의 때가 올 것이며, 文亨進二代王님께서 우리에게 「武裝(무장)하라」고 말씀하신 것입니다. 사탄과의 싸움에 對備(대비)하라는 것입니다.

그것은 우리가 武器(무기)를 들고, 누군가를 겨냥하라는 말이 아닙니다. 소위 믿음의 防牌(방패)를 들고救援(구원)의 鬪具(투구)를 쓰고義(의)의 護心鏡(호심경)을 붙이고 眞理(진리)의 허리 띠를 띠고 그 에베소書에 記錄(기록)되어 있는 것과 같은 準備(준비)를 하고 文亨進二代王님과 함께 싸우겠다는 우리의 信仰姿勢(신앙자세)를 지금 이 時代에 가져야 될 중요한 순간이라고 생각하지 않을 수 없는 것입니다.

이런 때에 信萬任(신만님)의 祝福式(축복식)이 7月24日에 이루어질 거라는 소식을 들었습니다. 그것은 우리에게 정말 기쁜 일입니다. 天一國(천일국)이 具體化(구체화)되어 가는 매우 重要(중요)한 時代(시대)라는 것을 생각할 때에, 비록 우리는 日本땅에 있다고 해도우리의 心情(심정)과 우리의 靈(영)과 생각과 뜻은 二代王님과 하나가 되어 걸어가야 할우리임을 생각하는 것입니다.

康賢實(강현실)어머니의 心情(심정)과 心靈(심령)을 받으면서 聖靈役事(성령역사)를 일으킬 수 있는 우리의 새로운 行步(행보)를 文亨進二代王님과 함께 이루고 싶습니다.

「지금은 生死의 고비를 넘어 가야 할重要한 때다」. 이렇게 二代王님께서 말씀하셨습니다. 개인적으로 아니면 가정적으로 어떠한 事情(사정)이 있다고 해도 그들을 넘어서 믿음을 가지고, 二代王, 三代王權과 하나가 되어 새로운 일주일을 열어가고 勝利的(승리적)이고 燦爛(찬란)한 5月을 맞이하여 華麗(화려)하게 빛나는2020年을 向해前進(전진)하는 우리가 되기를 眞心(진심)으로 祈禱(기도)합니다.

이 時間을 여러분과 함께 共有할 수 있게 된 것을 感謝하면서 오늘 禮拜(예배)를 마치고자 합니다. 그러면 祈禱(기도)를 드리고 이 禮拜를 마치겠습니다.

 * * *

時:2020年4月26日日曜日
場:サイバー サンデイ サービス
所:山口聖殿

昨日は嬉しいニュースもあり、亨進二代王様の次男であられる信萬様の祝福聖婚(されること)が決定したという事でした。

韓国聖殿のある聖殿会長の子女であられる方が、信萬様の新婦になっていく、そしてまた信八(シンパル)様においても、子供さんができられて、そして亨進二代王様のいよいよ家族がさらに増え広がっていく状態になってきた。

荒野時代の時を経ながら亨進二代王様の御子女様方が、確実に成長して行かれる、基盤を固めて行かれる、家庭の基盤を固めていかれる、また繁殖して行かれるというそのような姿を見る時に、神様がアブラハムに祝福して行った産めよ増えよ地に満ちよ、そして萬(よろず)の物を治めよ、亨進二代王様の王家、そしてその天一国の家族、天一国の国民達、あるいは国土そのようなものが少しずつ具体的な現実的な形を持って拡大していく、そういう時代を迎えているということを感じる時、私達はそのニュースに対して本当に嬉しい気持ちを持って喜びを共有させていただきます。

3月からずっとこの武漢コロナウイルスのその脅威の中において、サイバー サンデイ サービスという形(の礼拝)を行って参りましたけども、未だに兄妹姉妹達とこの集会で礼拝を開くことはできなく、このような映像を通して、サイバー(=インターネット)サンデイ(=日曜)サービス(=礼拝)という形で皆さんとお会いしています。

けれども、亨進二代王様が3月25日の説教の中において、「真の父母記念館、これを早く作らなきゃいけない」「早く建てなければいけない」というそのような御言葉を受けた立場において、4月の私達の山口聖殿としての活動の目標を、この「真の父母記念館の献金に少しでも貢献して行きたい」、そのような想いを持って皆さんと「総力を結集して、この献金活動に取り組んでいこうではないか」、と呼びかけて出発したこの4月の歩みでありました。

そしてこの4月目標は「5万ドルの献金」(約530万円)という献金目標を掲げて私達聖殿として出発したけれども、この4月26日というこの最後の日曜日に皆さんに報告する事が出来るのは、8万ドルの献金を達成する事が出来たという事を皆さんに報告して喜んでいきたいと思います。そのような皆さんの精誠が集まって、この8万ドルの献金をアメリカ本部に捧げることが出来たという事は、私達においては本当に喜びであったと思います。

勿論、この献金摂理というのは、山口聖殿だけが行うようなそのようなことではなくサンクチュアリにおいて、亨進二代王様に心情を寄せている数多くの人々が献金をしているだろうと思います。

サタン勢力が一掃されながら、真の神の天一国千年王国時代を迎えていくその重要な2020年というこの時が経っている、と言わざるを得ない。

ですから私たちの使命責任としては全米の善神の業(わざ)が躍動する事ができるよう、この10.14の鐵杖祝祭において切り開いていかなければならない。勝利されたカインとアベルがいらっしゃるその聖地、ペンシルバニアの聖地こそ、私たちが希望を持ってそこに臨むべき最高の聖地であるとして、人類の最も中心的な誇りであるとして、勝利された真の父母様がそこにおられる聖地である、としてその記念館を作って行くその業務に、私達が参席し結集して行かなければいけない、そのような思いでいるわけであります。

聖殿としてこんなことしかできないのかと思うと情けないそのような思いもしないわけではありません。しかしながら私たちは精誠と心情を込めて、アメリカの本部に8万ドルを送らせていただくことを通して、少しでもこの真の父母記念館、キリストの新婦の庭園の建設が促進化されて、そして一日も早く亨進二代王様の御心、真の父母様の心情にかなうような記念館が建設され、その記念館を中心として善なる善靈の役事が真の父母様を中心として、神の全権が行使される大きな役事が出発する、そういうように固く信じてならない次第であります。

そのような時代は必ず来る。そして神の王国は必ず来る。そのためには越えなければならない山もあり、上って行かなければいけない坂道も沢山あるに違いない。

しかし今現在、私達がこのようにして住んでいるこの状況それ自体が、神様の復帰摂理の中の途上にある、あるいは最終段階にあるとても重要な完成摂理における21年路程の長成期の蘇生的な段階をこれを歩んでいるとするならば、全面的にサタンとの戦いの時が来るのであり、亨進二代王様が私達に対しても、「武装せよ」と語られたサタンとの戦いに備えよという事です。

それは私たちが武器を持って、誰かに身構えろという話でありません。いわゆる信仰の盾を持ち、そして信仰の冠(かんむり)を冠(かぶ)り信仰の胸当てを着け真理の盾を取りながらあのエペソ人に記録されているようなそのような準備を成しながら、亨進二代王様と共に戦う私達の信仰姿勢を今の時代に示さなければいけない重要な時である思わざるを得ないのであります。

このような時において信萬任の7月24日の祝福式が行われると聞いております。それは私達にとって本当に嬉しい事です。天一国が固まっていく非常に重要な内容であるということを思う時に、私たちの道はこの日本の地にあったとしても亨進二代王様とその心情において、その靈(霊)において、その思いにおいて、御旨において、一つとなって歩むべき私達であると思うわけです。

康賢實(カンヒョンシル)オモニのの心情と心靈を受けながら、聖靈の役事を持って私達の新しい歩みを亨進二代王様と共に成していきたい。

今は生死の峠を越えていくべき重要な時だ、と二代王様が語られました。個人的に家庭的にいかなる事情があったとしても、それらを越えて、信仰を持って、二代王様、三代王權と一つとなって新しい一週間を開拓し、勝利的な輝かしい5月の時を迎えて、そして勝利的な輝かしい2020年に向かって、前進する私達でありたいと心から祈ります。

礼拝を皆さんとともに共有することができたこの時間を心から感謝しながら、今日の礼拝を終えたいと思います。それではお祈りを持ってこの礼拝を終えましょう。

6分
Total 0