聖殿のニュース

●ティムエルダ本部長「神様の祖國は大韓民国ではありません」2019.7.17

Author
fujio kim
Date
2019-07-18 17:27
Views
563

팀엘더本部長 2019.7.17
●祖國은 大韓民國이 아닙니다
祖國は大韓民国ではありません
(日本語, 10分半)
https://youtu.be/iHxH0e-HlG8

時:2019年7月17日水曜日
場:キングスリポト
所:世界平和統一聖殿本部

本部長:

原理をあっち側ではまた書こう(書き直す)と言う事でしょう?メシアが1943年に生まれたという事だね。驚くね。

ユノスクさん:

「独生女(독생녀)が1943年に生まれた」と言ってますね。

本部長:

さる3月、私が裁判に関連して韓鶴子(ハンハクジャ)氏を呼び出して、二日間、証言録取をしました。私が二日間そこに座っていました。自己の主張を二日間、(韓鶴子が)話しました。だからどういう考えか私はよく知っています。その内容は今は法廷の指示で、まだ非公開だけれどもいつか公開される日が来ると信じています。
家庭聨合も反対する事ではないんだね。なぜなら、自己の神学、自己の主張を広める事だから、隠す事が何があるの?むしろ全人類が知るべき事じゃないの?

知って信じるべきでしょう。判断?判断?判断できない。ただ、信じたらいいんですよ。

ユノスクさん:

再臨論を勉強したのでしょうか。メシアが1920年に来るんであって、何で1943年に来るの?

本部長:

天聖經、重要な言葉があります。

ユノスクさん:

チャムハナニム編の第6章、チャンプモが伝授する世界と南北統一教本、チャムハナニムの祖國光復。

統一教会の用語で祖國というのは大韓民国という一つの国ではなく、世界的な国を言うのです。

「世界的」という言葉は堕落した世界圏で使われる言葉なので、気分が悪いです。このような祖國を求めて行く主義を統一教会では天宙主義と言うのです。

その祖國は大韓民国ではありません。ハナニムが願う祖國は大韓民国ではなく、美国でもなく共産国家でもありません。その祖國はハナニムが願う祖國です。

だから私達は新しいその祖國の文化を成すべきで、その祖國の歴史を成すべきです。

天一国でしょう。

本部長:

感謝します。現在、私達が統一マークについて、そして、二代王任の相続権に関する法的な戦いをしているから、今、すぐは難しいけれども、もう少し時間が経って、私達が法廷訴訟に勝てば次は、チャムアボニムの聖体をペンシルベニアにお迎えするプロジェクトが出て来るとすでにそんな御言葉を言われたし、究極的には北韓定州(ジョンジュ・ていしゅう)の地にお迎えしないといけないでしょう。しかし、いつそれが可能になるかはわかりませんが、

一旦、現在、家庭聨合がアボニムの聖体を利用するサタンの目的の為に利用するそういう状況は早く絶たないといけません。

今、家庭聨合を見たら、アボニムの尊影を自己達の目的の為に、サタンの目的の為に利用していますね。まるで自分達がアボニムを侍っているように。

さっき、言ったように私は二日間韓鶴子氏が言う事を聞いたのですが、それを聞いたら、私は「オモニ」という言葉が今、出て来ません。二日の間、彼らの主張を継続、私は一言も言わずに座っていたのです。私達の弁護士が質問してあっち側からの答弁を二日間、聞いたので、「オモニ」という言葉が出て来ません。

韓鶴子氏が、主張する事は原理とは全く関係がありません。一部は、相当部分はすでにみんな知らされています。

(韓鶴子氏の主張)
・アボニムは原罪を持って生まれた。
・1960年自身と結婚をする事により原罪を脱いだ。
・自分に出会う前に他の女子と結婚したのは事実であるが、それはまちがいで、本来そうしてはならないのにそうしてしまった。

とにかく、これは他の所で本人が言っている事だから非公開ではないでしょう。しかし、私は知らなかった、(非公開の)驚く事もありました。

ニューヨークのロックフェラーセンターの大変高額の法律会社を私達を無くす為に使っています。ロックフェラーセンターの大きな高層ビル21階の全体を法律事務所が使っています。どれほどたくさんお金を出したがわかりません。

その法律事務所の会議室がいくつかあって、大きな会議室に入って、大きなテーブルに家庭聨合の人達は向こう側に座って、私達はこっち側に座って。その時、韓鶴子が出て来て、それに付いている人がぞろぞろと十名ぐらいいましたね。

ユノスクさん:

メークアップする人もいて、高い服を着て。

本部長:

それで聞いていたのですが、私の後ろにガラス窓があるのですが、ある時は私は椅子を後ろに向けて、「アボジー」と心の中で叫ぶしかありませんでした。余りにも!余りにも!余りにも想像も出来ないほど、それこそ「異端者、破壊者」としての言葉を言うから。とにかくそれがその時、私が感じた点です。

私が言いたい事は、今、家庭聨合、そして、韓鶴子に従う人達はアボニムを信じていません。「信じる」と言ったとしても、それは、韓鶴子に従うならそれは信じる事ができません。自分が「信じている」と考えるかもしれませんが、違います。そんな人達にアボニムの聖体をこれ以上、任せて置く事はできません。

それでこれからそんなプロジェクトがあるでしょう。その為にも皆さん、祈禱して下さるよう願います。

とにかくハナニムが言われる祖國というのは大韓民国ではありません。ペンシルベニアもハナニムの祖國です。

今日(きょう)はそういうリマをハナニムが下さったので、私がアボニムの聖体に対する話をしました。すでに二代王(イデワン)が少し言及されました。言われたので、私がこういう話をするのです。
Total 0