聖殿のニュース

5月21日の公開礼拝についてお知らせいたします。

Author
Song Hwajun
Date
2017-07-09 18:13
Views
216
5月21日の公開礼拝についてお知らせいたします。

この度の礼拝においては、王冠の戴冠式を行う予定となっていて、韓国のソウル聖殿より李相烈会長が来日し出席されます。
そしてこの度李相烈会長より、正式な戴冠式についての説明がありましたので、ご報告申し上げます。

戴冠の対象者
サンクチャリーの聖酒を受けた祝福家庭正式に三日行事まで通過した本家庭夫婦
夫婦共に参加できる家庭
受冠者に戴冠して差し上げる男女と共に参加できる夫婦
(※祝福家庭でサンクチャリーの聖酒を受け三日行事を通過した後、相対者が霊界に行かれた方も該当します)

戴冠者の服装
礼服並びに正装

戴冠の手順
受冠者にカイン圏を代表して男女が王冠を戴冠し、その後王冠を授けた方は、戴冠者に敬礼をします。
受冠対象者全ての戴冠の終了後に、李相烈会長による祝祷を受けます。
以上です。

この状況によると、現実的に戴冠の対象者は制約される模様で、今後さらに段階的に戴冠式は継続して行く必要があると考えられます。
従って、今回で一斉に戴冠式完了の運びには至り得ないことを皆さんに報告申し上げざるを得ません。
戴冠式それ自体は祝いの席ですので、ティアラ等を持参して装身していただいて構いません。
そして、氏族的なメシヤ活動は神様の摂理である以上、今後もこの王冠摂理は継続されます。そのような中で、山口聖殿最初の戴冠式を皆さんでお祝いする席にして行きたいと思いますので、多数の参加を心からお願い申し上げます。
Total 0