聖殿のニュース

●ミセス エルダー「康賢實(カン・ヒョンシル)真の御母様の聖和」2019.3.7

Author
fujio kim
Date
2019-03-09 11:59
Views
240
●ミセス エルダー「康賢實(カン・ヒョンシル)真の御母様の聖和」2019.3.7

3月7日、ティムエルダ-本部長の奥さんのミセス エルダー(ユノスクさん)が韓国人達に消息を知らせて下さいました。

ミセス エルダー:

2019年3月6日水曜日の朝5時にコリアン(韓国語)キングスレポートを終えて、家に戻って来て、朝食をして、午前9時50分に韓国語礼拝のために聖殿に行きました。

礼拝をしている途中の午後2時ごろ、千鶴子(ちづこ)さんがティム エルダー本部長に告げました。「友美さんから連絡が来たのですが、『オモニムの呼吸が20分に一回ずつ止まります』」という内容でした。

私は王妃にメッセージを送りました。王妃はすぐ横に座っておられるのですが(礼拝中なので)。王妃が王様にその話を伝えられました。王様は(水曜礼拝の)讃揚(チャニャン=歌)を省略して礼拝を終えられました。

私と夫(エルダー本部長)は、最初に(オモニムのおられる)天一宮に向かいました。看護婦出身の千鶴子さんといっしょに(二階の)部屋に上がりました。友美さんと知鋭(チエ)ニムが脈を計っていました。

オモニムは時々呼吸を止めて、しばらくして、水の中に潜った人が水面に上がってきた人のようにヒューと息を吸われていました。以前は、喉に痰がひっかかってゼーゼーという声が聞こえていたのに、その声も聞こえなくなっていました。

しばらくして國進任(クッチンニム)。そして王任(ワンニム=王様)御夫妻が部屋に入って来られました。本部長は、「世界各国の指導者達に連絡を取ります」と言い、階下に降りて行きました。

私たちは、オモニムの脈を続けて計りながら、囲んで祈祷しました。

5時41分ごろ、息を止められました。

それが最後のオモニムの地上からの離別でした。

もしかして…と再び御体に触れてみてオモニムを確認しました。

5時49分、王様が「いっしょにお祈りしましょう」と言われました。康賢實オモニムの勝利的信仰人生に感謝を捧げました。

2時間ほどの間、囲んで祈祷し、「栄光の恩賜(おんし)」を歌い、オモニムが普段お好きだった「あの高いところに向かって」を歌い捧げました。

あの高い所に向かって
日ごとに出て行きます
こころざし
私の志と精誠を一つにし
日ごとに祈祷します
私の主よ 私の心をつかみ
そこに 居させて下さい
そこは 光と愛が
いつでも あふれます

夜8時に担当医が来ました。死因を確認し、「米国法では死体を家に置けない」と話してくれました。

知鋭(チエ)ニムと王妃(ワンビ)ニムと私と友美さんと千鶴子さんの5人で壽衣(じゅい=死者に着せる着物)を着せて差し上げました。

本部長は、我が家のお隣でもある葬儀社に連絡をして、夜12時、オモニは2年3カ月余り暮らしてきた天一宮を離れました。

オモニムを御一人で霊安室に置く事はできないので、本部長は、「私が居ます」と言われて、本部長が一人で霊安室で夜を明かしました。幸いなことに霊安室は我が家から歩いて15分の距離にありました。

2年前、天一宮に入られる前の2016年12月20日、空港から私たちの家に来られ、2017年1月1日に天一宮に入られました。実際、我が家に21日ほど滞在されました。

國進様が時間を確認されました。
2019年3月6日5時41分、逝去(せいきょ)されました。
逝去後、神秘的なことがわかりました。

お父様の聖和 1時54分
お母様の聖和 5時41分 
お母さまが天一宮へ入宮されて聖和されるまでの期間 541日

本当に驚くべき数字合わせです。

▼参考
日本語の賛美歌

教会福音讃美歌414番 恵みの高き嶺

恵みの高き嶺(ね) 日々わが目当てに
祈りつ歌いつ われは登り行(ゆ)かん
光と聖(きよ)きと 平和に満ちたる
恵みの高き嶺(ね) われに踏ましめよ
恐れのある地に などかは留(とど)まらん
疑惑(ぎわく)の雲をば 早く下に踏まん
光と聖(きよ)きと 平和に満ちたる
恵みの高き嶺(ね) われに踏ましめよ
狭霧(さぎり)の彼方(かなた)に 天(あま)つ日 輝く
浮世(うきよ)を後(あと)にし なおも登り行かん
光と聖(きよ)きと 平和に満ちたる
恵みの高き嶺(ね) われに踏ましめよ
険(けわ)しき坂をも 直(す)ぐなる岩をも
御助けある身は ついに登りきらん
光と聖(きよ)きと 平和に満ちたる
恵みの高き嶺(ね) われに踏ましめよ
Total 0