ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

人々を自由にするため我を死なせよ

Author
fujio kim
Date
2021-01-06 23:57
Views
24


時:2020年1月1日
場:キングス リポート
所:天一宮ステュディオ

二代王:

자, 여러분. 市民革命(시민혁명)의 노래 共和國戰鬪讚歌(공화국전투찬가)이었습니다. 다시 이야기를 시작하죠. 나는 이 歌詞(가사)를 좋아해. 그리스도를 말하는 이 歌詞(가사)말예요.

さあ、皆さん。 話に戻りましょう。シビル ウォー ソング、市民革命の歌である 「バトル ヒム オブ リパブリック」 を歌った後に。 私はこの歌詞が好きなんだね。クリストの事を言っている歌詞が。

榮光(영광)스레 主任(주님)품에서
With a glory in his bosom
ウィズ ア グローリ イン ヒズ ボサーム
御胸の内の榮光と共に

너와 나 變貌(변모)할지니
that transfigures you and me
ダッ トランスフィギュアズ ユー エン ミー
あなたと私を変える

사람을 自由케 하려
As he died to make men holy
アズ ヒー ダイ トゥ メイク メン ホーリー
主が人々を聖とするため死したように、

우리를 죽게 하소서
let us die to make men free
レタス ダイ トゥ メイク メン フリー
人々を自由にするため我を死なせよ

그리고 하나님께서 나아가니라
While God is marching on
ホワイル ゴーディーズ マーチン オン
そして神は進み続ける

And God is marching on
ゴーディーズ マーチン オン
そして神は進み続ける

歌詞(가사)의 이 부분은 특히 그리스도에 대해 이야기하고 있어. 아주 强力(강력)한 精神(정신)이야. 바로 이런 精神(정신)을 가져야 돼.

歌詞のこの部分は特にクリストについて話している。 とてもパワフル スピリットだ。正にこんなスピリットを持つべきだね。

나는 새로 改訂(개정)된 歌詞(가사)는 싫어. 改訂(개정)된 歌詞(가사)는
「사람을 거룩하게 살기 위해 사람을 自由(자유)롭게 하소서」. 그것은 다른 거야. 그것은 원래의 歌詞(가사)하고는 달라요.

私はよりニュー バージョン(新しく改訂された歌詞)は嫌いだ。 改訂された歌詞は、「人を聖なる者としえ生きる為に人を自由に活かせ給え」 それは違うんだよ。それは元のオリジナルとは違うんだね。

原詩(원시)는 「사람을 거룩하게 만들기 爲(위)해 自由(자유)를 爲해 죽게 하소서」.

オリジナルの詩は、
As to make men holy
アズ トゥ メイク メン ホーリー
人を聖なる者と成らせる為に
let us die to make men free
レタス ダイ トゥ メイク メン フリー
自由の為に死なせて下さい。

戰爭(전쟁)때는 兵士(병사)들은 決心(결심)을 해야 돼. 그들은 죽음을 超越(초월)해야 돼. 惡(악)에 對(대)한 싸움에서. 죽게 되더라도 勝利者(승리자)로서 죽는다. 그런 精神(정신)을 가져야 돼. 그런 精神(정신)이 없으면 敵(적)에 이길 수 없어.

戦時においては、兵士は決意をするべきだ。 彼らは死を超越するべき。悪に対する戦いにおいて。 死ぬとしても、勝利者として死ぬ。そんなスピリットを持つべきだ。 そんなスピリットが無ければ、敵を打ち負かす事はできない。

마지막 날에 왜 惡(악)이 그리스도 戰士(전사)들을 싫어하느냐? 왜냐하면 그런 精神(정신)을 가져야 肉(육)을 죽일 수 있서. 聖經(성경)(마태福音10章28節)은 말한다.

終わりの日になぜ悪がクリスチャン ウォリア(戦士)、あるいはクリストにあるウォリア(戦士)を憎むのか? なぜなら、そんなスピリットを持ってこそ肉を殺す事ができる。聖書(マタイ10章28節)は言う。

몸은 죽여도 靈魂(영혼)은 능히 죽이지 못하는 者들을 두려워하지 말고 오직 몸과 영혼을 능히 地獄(지옥)에 멸하실 수 있는 이를 두려워하라
「体は殺しても魂を殺すことのできない者を恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい」

그분이야말로 우리가 두려워해야 할 분이야. 「몸은 죽여도 靈魂(영혼)을 죽일 수 없는 者(자)」를 두려워하지 않는다. 卽(즉), 우리는 죽음을 超越(초월)한 存在(존재)야. 죽음의 恐怖(공포)를 超越(초월)한 사람이야. 그래서 셔츠에「죽음」이라고 써 있어.

その方(かた)こそ、私達が恐れるべき方(かた)だ。「体は殺しても魂を殺すことのできない者」を恐れはしない。 つまり、我々は死を超越した存在だ。死の恐怖を超越した者だ。だからシャツに「死」と書いてある。

「勝利(승리)가 죽음을 삼켜 버렸다. 너의 勝利(승리)가 어디 있느냐」 .고린도前書 15章55節.
「死は勝利にのまれてしまった。死よ。おまえの勝利はどこにあるのか」。コリント前書15章55節。

이 死神(사신)의 말은「죽음은 승리에 휩쓸려 버렸다. 사망 아 너의이기는 것이 어디 있느냐」.왜냐하면 그리스도는 무덤을 克服(극복)하셨어. 그리고 그리스도는 罪(죄)를 克服(극복)하시고 勝利(승리)를 거두셨어.


ポイントは、グルム リーパー(死神)が言うのは、「死は勝利にのまれてしまった。 死よ。おまえの勝利はどこにあるのか」 。なぜならクリストは墓を克服された。

그리고 그리스도는 죽음을 勝利(승리)하셨어. 죽음에서 生命(생명)으로 復活(부활)하셨어. 罪(죄)의 죽음에 있는 者(자), 죽음의 恐怖(공포)속에서 惡(악)한 죽음 속에 살아 있는 사람에게 生命(생명)을 가져오셨어.

そしてクリストは罪を克服し勝利をもたらされた。 そしてクリストは死を克服され勝利された。死から命へと復活された。 悪の死の中、罪の死の中、死の恐怖の中に生きている者に死から命をもたらした。

지금 그리스도를 通(통)해 우리는 善(선)한 生命(생명)속에 산다.
우리는 하나님의 뜻 안에 산다.
우리는 하나님의 빛 가운데 산다.

今、クリストを通じて、我々は善の命の中に生きる。
ウィー リブ イン ザ ウィル オブ ゴッド(我々は神の御旨の中に生きる)。
ウィー リブ イン ザ ライト オブ ゴッド(我々は神の光の中に生きる) 。

主任은 말씀 하셨다. 「나는 世上의 빛이다」.(요한福音8章12節)

主は言われた。「私は世の光である」(ヨハネ8章12節)

그래서… 그 精神(정신). 만약「사람이 거룩하게 되기 爲(위)해 사람을 自由(자유)롭게 살리게 해 주세요」라고 歌詞(가사)를 바꾼다면, 그것은 틀려. 戰士(전사)의 精神(정신)이 아니야. 弱(약)한 男子(남자)精神(정신)으로 바뀐 現代版(현대판) 歌詞(가사)는 나는 싫어.

だから…そのスピリット。 もし、「人が聖なる者となる為に、人を自由に生かせて下さい」と歌詞を変えるなら、それは違う。戦士のスピリットではない。 私はそれは嫌いだ。モダーン バージョン(現代版)が劣勢男子のスピリットに変えた歌詞は。

元來(원래)의 歌詞(가사)는
그분은 사람을 聖스럽게 하려 죽으셨듯이
사람을 自由케 하려 우리를 죽게 하소서

それ(原詩)は、
As he died to make men holy
主が人々を聖とするため死したように、
let us die to make men free
人々を自由にするため我を死なせよ

이것이 그 것이다. 그「스스로 죽자」라는 精神(정신). 왜냐하면 우리는 죽을 運命(운명)에 있고 그것이 恐怖(공포)를 우리에게 가져온다. 하나님의 뜻을 遂行(수행)하면서 살자하는 생각에 의해 죽음의 宿命(숙명)의 恐怖(공포)가 우리를 움직이지 못하게 한다.

これがそれだ。その「自ら死のう」というスピリット。 なぜなら、我々は死ぬべき宿命にあり、それが恐れを我々にもたらす。 生きようとする思いにより我々を思い留ませる。神の御旨を遂行する時に。 死の宿命の恐怖が我々を動かなくさせる。

지금 그리스도인 戰士(전사) 하나님의 鐵杖 王國(철장왕국)의 平和警察(평화경찰)과 平和(평화)民兵隊(민병대)의 男女(남녀)는 죽음의 두려움을 克服(극복)해야한다. 그것이 우리가 危險(위험)한 일을 하는 理由(이유)이다. 왜냐하면 訓練(훈련)을 通(통)해 죽음의 恐怖(공포)를 克服(극복)하는 거야.

今、クリスチャン ウォリアーズ(基督戦士)、神の鐵杖(てつじょう)王国の平和警察と平和民兵の男女は死の恐怖を克服するべきだ。 それが我々が危険な事をする理由だ。なぜなら訓練によって死の恐怖を克服するんだね。

그래서 우리는 죽음의 克服(극복)에 대해서 神學的(신학적)으로도 배우고 實際的(실제적)으로도 배우는 거야. 飛行機(비행기)에서 뛰어들어 1萬(만)피트 높이에서 落下傘(낙하산)으로 내려하거나, 車(차)를 가지고 있음에도 불구하고 車를 타는 대신 오토바이를 타는 가야.

だから我々はそれ(死の克服)を神学的にも学ぶし、実際的にも学ぶんだね。 飛行機からジャンピンアウトして1万フィートの高さからパラシュートで降りたり、 車という安全な籠(かご)に乗る代わりにモーターサイクルに乗ったり。車を持っているにもかかわらず。

싸움의 技術(기술)을 배움으로써 우리自身(자신)을 强(강)하게 만드는 거야. 相對(상대)가 우리를 죽이기 前(전)에 우리가 얼마나 빨리 그들을 죽일 수 있는지 實際的(실제적)인 方法(방법)을 배우는 거야. 積極的(적극적)인 攻擊方法(공격방법)을 배움으로서 우리 自身(자신)을 防禦(방어)할 뿐만 아니라 他人(타인)도 마찬가지로 防禦(방어)해 줄 수 있는 거야. 그렇지?

戦いの術をトレーニングする事により我々を強くする。 相手が我々を殺す前に我々がどれだけ早く彼らを殺す事ができるかという実際的な方法を学ぶんだね。 積極的な攻撃の方法を学ぶ事により、我々自身を防御するだけでなく、他人をも同様に防御してあげる事ができる。そうだろう?