ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

第58回真の萬物の日

Author
fujio kim
Date
2020-06-25 10:56
Views
26


時:2020年6月21日・天暦5月1日
場:真の萬物の日
所:ニュ-ファウンドランド本部

♚式順

1.開会宣言
2.真の父母様入場
3.聖燭点火式
4.三代王權に対する敬拝
5.開会の言葉
6.天一国国歌斉唱
7.各代表の敬拝
8.家庭盟誓
9.李相烈會長の報告祈禱
10.ケイク コッティン(ケーキ カット)
11.聖餐
12.訓讀
13.花束贈呈
14.億萬歳(オンマンセ)三唱
15.真の父母様退場
16.閉会宣言


ティム エルダー本部長:

今日は天基11年、天暦5月第一日です。アボニムは1963年にこの日を「萬物の日」と定められましたが、萬物とは、人間を除外したハナニムが創造されたすべての被造物を意味します。人間はハナニムの被造物ですが、創造力と真の愛を通じてハナニムの創造に參与できる特権を持っています。他の被造物、即ち萬物はそうではありません。アボニムは1994年チャンプモエ ナル(真の父母の日)を通じて、この日をチャムマンムレ ナル(真の萬物の日)と名前を変えて下さいました。この日を祝賀できる恩惠に心から感謝を捧げます。

報告祈禱は世界平和統一聖殿韓国協会、會長であられる李相烈(イサンヨル)王がされます。

李相烈會長:

いっしょに心を合わせて報告祈禱を捧げます。

サランハシヌン ハナニム アボジ チャンプモニム。今日は第58回真の萬物の日と第66回世界基督教統一神靈協會創立記念日を慶祝する為にニュ-ファウンドランドセンチュオリ本部聖殿にて禮拜(礼拝)を通じ、勝利されたチャンプモニム三代王權とチャムカインとして天宙的勝利された國進兄任(クッチンヒョンニム)家庭をお迎えし、全靈肉界人類を代表した權限圏に帰って来た祝福中心家庭と宗族(そうぞく)王と食口達が直・間接インターネットで参与する中で、敬拝と讃揚(チャニャン)と榮光をお捧げしますので、この式典を喜びでお受け下さいますように。

ハナニム アボジが創造された被造萬物がチャムサラン(真の愛)の中でハナニムと完成された人間に主管と受けようとする所望(しょもう)の中で、人間が自由と責任分擔(分担)を完成するべき成長期間に堕落する事により、父母-子女の位置を失い、萬物主管圏までも失うようになり、ハナニム アボジの心情とチャムサラン(真の愛)を中心として喜びと榮光を受けようとされた創造理想と所望(しょもう)が悲しみの歴史の中で創造主として長く忍び待たられ、蕩減復帰攝理歴史を通じ、人類を救援しようと救世主メシアとしてイエスニムを送られましたが、イスラエル民族とユダヤ教指導者達の不信により、靈的救援の道を開いて下さり、再臨の一日を約束され靈界に上られた以後、ハナニムが準備された第三イスラエル民族の中に、再臨クリストとして文鮮明(ムンソンミョン)チャムアボニムをチャンプモ(真の父母)萬王の王として送って下さり、ハナニムの創造理想と人類救援の所望を韓民族の指導者達と基督教を中心として天の御旨を伝えられましたが、

彼らが無知であり、縦的なハナニムの御旨を悟る事が出来ずチャムアボニムを不信し、御旨を奉じ成す事ができず、横的な人間を中心として任意に対する事により、ハナニムが準備された基盤がサタン主管圏に堕ちるようになり、世界基督教統一神靈協會を創立され、ハナニムの心情をつかまれ、基督教に追われる中で、ひどい逼迫(ひっぱく=迫害)と死の道をかき分け出て来られながら、

ハナニムの創造理想と人類救援の所望(しょもう)を成して差し上げる為に失われていたチャンプモエ ナル(真の父母の日)とチャムチャニョエ ナル(真の子女の日)を探し立てられた基臺(基台)の上に、チャンマンムレ ナル(真の萬物の日)とチャムハナニメ ナル(真の神の日)を探し立てられる日まで、チャムアボニムは言い表わす事の出来ない忍苦の道を歩んで来られながらも、ハナニムアボジを慰労されながら人類救援と萬物復帰を勝利され、歴史的なサタンを自然屈服させる勝利圏を成されました。

チャムアボニムは長子權(権)、チャンプモ權(真の父母権)、萬王(ばんおう)の王權(王権)を探し立てられ、三代王權を實體(じったい)的に立てて下さりチャムカイン(真のカイン)とアベルが天宙的勝利をされた基臺(基台)の上に、この地に来られた勝利の御旨をすべて成され、天国に上られました。

今年度、王任(ワンニム)は年頭標語として、「チャンプモニムを保護する天一国鐵杖王国億萬歳」を下賜(かし)して下さり、勝利の為の力強い出発をチャムアボニムが最後の攝理を完成させる為に苦労されたラスベガスにて宣布して下さいました。

王任(ワンニム)は二次七年路程を年初に宣布され傳道(伝道)の門を開いて下さりながら、アベル圏鐵杖(てつじょう)所有をした基督教人と海外派兵愛国者達を立て鐵杖王国の基盤を固め来られておられます。

イルゴンイルサー(1014)鐵杖(てつじょう)解放祝祭を勝利する為に、チャムアボニムが準備されたアベル圏基督教人と鐵杖所有愛国者達を中心とし、ミクロの勝利をマクロの勝利として成す為にトランプ家と美国(ミグク)を連結させ、11月3日に実施される第46代大統領選挙にてトランプ大統領を再選に成立させ、今後、三代王權に侍り、ペンシルベニアから天一国鐵杖王国が實體(実体)的に二次七年路程期間に全世界的に拡大発展させる事の出来る大役事をハナニムアボジ、成す事が出来るよう許諾して下さいませ。

全世界、權限圏に戻って来た宗族(そうぞく)王家と祝福中心家庭達が三代王權に侍り、チャムカイン(真のカイン=クッチンニム)の引導の前に、絶對(絶対)信仰、絶對サラン、絶對服従、順従(じゅんじゅう)し、世界的終末期を迎えているこの世界の前に、チャムアボニムの聖靈役事により、チャム(真の)血統を中心として、堕落の歴史を終息させ、創造本然の心情文化と真の愛の主權(主権)を天一国憲法を通じ、ハナニムが直接治理(ちり)される事が出来る理想世界を創建する大革命的転換期を立てて行くに不足さが無いように主管・手掌(しゅしょう)して下さる事を懇切に望み願うものであります。

全世界にて參席した宗族(そうぞく)王家の精誠を一つに集め、祝福中心家庭、李相烈(イーサンヨル)の名前により報告お捧げいたします。我主(アージュ)。