ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

♚小銃を持って屋上の韓国人になれ

Author
fujio kim
Date
2020-06-20 13:32
Views
36


小銃을 가지고 屋上의 韓國人이 되라!

時:2020年6月7日
場:英語禮拜
所:뉴파운드랜드 本部

君の隣りの建物が爆破や壊されそうになる脅威を受けたら、装備を持って出て行って、君のライフルを持ってルーフトップ コリアンになれ!

だから…、建国の父もそれを知ってるし、神もそれを知っておられし、聖書にある鐵杖(てつじょう)王国を見る事が出来る。どこに行ってもそれを述べ伝えるべき。キリストの市民がいる所では。キリストの市民は支配者であり、王と祭司長であり、キリストの共同相続人だ。キリストは我々をキングとプリースト(祭司長)として作られる。



弾丸王冠は論争になる事を知ってる。そして、そんな物で遊んでるんじゃないかとそんなに言われていると知ってる。しかし、それはとってもシリアス(深刻)な意味を持っているんだね。キリストの体になり、キング(王)とプリースト(祭司長)として見られる為にする事だ。政府にとっての忠実な良いしもべではない。世界の多くのクリスチャンに、彼らがキング(王)とプリースト(祭司長)であり、政府に対する支配者である事を見せる為にするんだね。



力のある政府は武器の力を享受し、すべての市民はそれを持つ。もし市民に武器がない場合、悪い者達が武器を持つだろうし、その者達が中央集権を持つだろう。悪い者達は自分の利点のために人の優しさを利用しようとする。それが悪い奴らのする事だ。そして市民は所有されてサタンの子供となる。

一般市民がどのような場合に立ち上がるだろうか。御父様が言われた平和軍民兵として。一般市民は他の市民といっしょに神を愛し隣人を愛する為に立つんだけれども、隣人の建物が爆破や破壊の脅威を受けた時には、装備を持って出て行ってライフルを持ってルーフ トップ コリアンになれ!