ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

●二代王「康(カン)オモニが安らかに逝かれました」2019.3.7

Author
fujio kim
Date
2019-03-08 18:11
Views
179


●True Mother Kang Hyun Shil Peacefully Passed
康賢實(강현실)참어머니가 便安(편안)하게 가셨습니다
康賢實チャムオモニが安らかに逝かれました
(日本語字幕, 4分半)
https://youtu.be/qGVYQjncY0k

二代王:

今日(きょう)は、2019年3月7日木曜日、天暦による天基10年目の2月の初日です。

ホストは私、ショーン ムーン、天一国の二代王です。

皆さんはすでに御存知だと思いますが、康賢實(カンヒョンシル)チャムオモニが安らかに逝(い)かれました。きのうの夕方5時41分。

家族が見守る中ですべての子供達、三世代の代表がいました。私を一代目として。

そこにいたみんなは途方もない勝利の経験をしました。特に私達家族は最後の二週間、真の母を見守っていました。毎日3時間から6時間、上の二人の息子、信八(シンパル)、信萬(シンマン)は家族の代表として2週間毎日見守りました。霊界に移られ、地上における最後の命を終えられる真の母といっしょでした。

もちろん、三人の子供達、グニ(信宮・シングン)、ジュニ(信俊・シンジュン)、デェギ(信得・シンドゥク)は、真の母が逝かれる約一時間前に来たのです。

何かのある感じがしたのです。「子供達がみんな来て座って真の母といっしょにいるべきだ」と。もちろん、真の母が真の父といっしょになられる霊界にいつ行かれるか決める事はできません。

神様は私達の家族を祝福して下さいました。
 
國進任(クッチンニム)、知鋭任(チエニム)もいたし、友美さん、ユノスク=ミセスエルダ、そして千鶴子さん。まだいましたか、オンマ?誰がいたって?そうだ、姨母(イモ=妍雅ニムのお姉さん)のファミリーもいたね。

真の母は午後5時41分に逝かれました。ドクターは午後8時ごろ、来られました。個人的スケジュールなどで忙しかったので、すぐには来られませんでした。死亡宣告や死亡確認書などの準備をしました。

ドクターは、真の母のホスピスケアをした姉妹の友美さんに感謝しました。精誠を尽くしました。それで、真の母は安らかに、逝く事ができました。特に重大な病気無しに。

ドクターは、たくさんの年取った人を看取(みと)ったと言いました。多くは霊界に逝く前に衰弱の為に大変な苦痛を持つのだということです。

しかし、真の母は安らかに逝く事ができました。家族に見守られながら、三世代が別れずに、一つになった中で。勿論、真の父を中心として。

安らかに逝かれたのです。肉体的な痛みや苦痛無しに。