✳️2019年2月14日(木曜日)

✳️2019年2月14日(木曜日)
✳️天基10年・天暦1月10日

🔷今朝のみ言葉🔷
起きよ、光を放て。
あなたの光が臨み、
主の栄光があなたの上にのぼったから。
見よ、暗きは地をおおい、
やみはもろもろの民をおおう。
しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、
主の栄光があなたの上にあらわれる。

もろもろの国は、あなたの光に来、
もろもろの王は、のぼるあなたの輝きに来る。
(旧約聖書.イザヤ書.第60章1-3節より)

[山口聖殿ニュース]

2️⃣ おはようございます。🌄⛷🦌🧤
今日は2月の14日、月半ばに差し掛かりつつあるこの日、神の日の祝祭を終えてペンシルベニア州のサンクチュアリ本部教会から帰還して、久方ぶりの朝のみ言葉の配信です。
選んだ聖句はイザヤの60章ですが、2019年度、天暦10年を語って余りある聖句のように思いこれを取り上げました。
この年の年頭標語に、亨進二代王様がどんな言葉を記載されるのだろうとの思いを抱きながら、2月4日の夜、私達は教会内聖殿に集って5日午前0時のカウントダウンの祈りの時を待っていたのですが、遂に午前0時となり、王様が王妃様の手を取って切々たる祈りを捧げられました。その祈りは長く深遠で、会場の霊気を一心に集める力を持って私達の心を打つものでした。
そうした後に書かれた年頭の標語が、
「하나님王権鐵杖王國定着億萬歳」
です。
神様の王権である鉄の杖の王国が完成定着し、億万歳を唱える2019年度であるとの意味でしょうか…。その後その集会はすぐに解散されるかと思いきや、亨進二代王様のお話は、午前4時にまで続く長い時間を話されることとなりました。
2019年度は、実際、そのように始まりました。
そして、午前7時からの神の日の行事においても、スェーデンの国営テレビが取材陣を送り込んで来る中を、粛々とプログラムが進んで行きました。
そんなペンシルベニア州のニューファンドランドの小さな教会の2月5日は、それまでの寒波の日々が嘘のように気温も上がって晴れ上がり、まるで春の日が来たかのような暖かい陽の光に満たされる天暦10年の元旦であったのです。
あの日から、すでに10日間の時が流れ今山口での朝を迎えています。
今年を思う時に、実際、暗きは地を覆い、闇はもろもろの民を覆っている感は否めません。しかし確かに、私達の上には主が朝日のごとく昇られ、主の栄光が私達の上に現れると確信します。
そうして、もろもろの国が亨進二代王様の光の中に来るようになり、もろもろの王が、昇る亨進二代王様の輝きに来るようになるに違いありません。
神様王権鉄杖王国定着億万歳!
神様王権鉄杖王国定着億万歳!
この年頭標語を心に抱いて、この一年、皆さんと共に前進して行きましょう!