✳️2019年1月13日(日曜日)

✳️2019年1月13日(日曜日)
✳️天基9年・天暦12月8日

🔷今朝のみ言葉🔷
主よ、あなたは知っておられます。
わたしを覚え、わたしを顧みてください。
わたしを迫害する者に、あだを返し、
あなたの寛容によって、

わたしを取り去らないでください。
わたしがあなたのために、
はずかしめを受けるのを知ってください。
わたしはみ言葉を与えられて、それを食べました。
み言葉は、わたしに喜びとなり、
心の楽しみとなりました。
万軍の神、主よ、わたしは、あなたの名をもって、
となえられている者です。
(旧約聖書.エレミヤ書.第15章15-16節より)

[山口聖殿ニュース]
2019年度版のカレンダーがありますので、必要な方はお申し出ください。

今日は聖日礼拝です。

1️⃣ おはようございます。🌅🎍☃️🐇
昨日は、李ヨハネ先生に続いて、朴ボーヒー先生が聖和されたとの知らせが舞い込んできました。
何と言ってもこの方は、お父様の特別補佐官として外交官として、またリトル・エンジェルスの総裁として活躍され、世界に真のお父様を証しされて行かれた方です。
ボーヒー朴先生を思いながら聖書を開けば、今朝の聖句に出会いました。
その中には、
“わたしはみ言葉を与えられて、それを食べました。み言葉は、わたしに喜びとなり、心の楽しみとなりました。万軍の神、主よ、わたしは、あなたの名をもって、となえられている者です。”
とあります。
朴先生を思えば、お父様の通訳官としてアメリカで活躍されたことは勿論の事、日本で“希望の日”講演会で熱弁を振るわれていた時のことを思い出します。汗を流しながら、全身を震わせて、真のお父様と統一原理とを証しされ講演されておられました。
み言葉を与えられ、それを食べて、その道の中に生きて行かれた朴ボーヒー先生!
成約時代に、“あなたの名をもって、となえられている者”、それが朴ボーヒー先生ではなかったかと思いますが、お父様の聖和以降の家庭連合の顛末をどのような思いで見つめられている朴先生だったでしょうか!
霊界に行かれ、真のお父様にお会いするとして、そのお父様が亨進二代王様と共に鉄杖王国の建設のために全身全霊を捧げておられるとしたならば、そのようなお父様にどのようにお会いなさって行かれるのでしょうか?
何れ朴ボーヒー先生も逝かれました。全てが新たな時代に至りつつあります。進みゆく2019年、天暦の神の日まで、残された日は20日余りとなりました。