✳️2019年1月11日(金曜日)

✳️2019年1月11日(金曜日)
✳️天基9年・天暦12月6日

🔷今朝のみ言葉🔷
そこで、わたしの子よ。あなたはキリスト・イエスにある恵みによって、強くなりなさい。そして、あなたが多くの証人の前でわたしから聞いたことを、さらにほかの者たちにも教えることができるような忠実な人々に、ゆだねなさい。キリスト・イエスの良い兵卒として、わたしと苦しみを共にしてほしい。
(新約聖書.テモテへの第二の手紙.第2章1-3節より)

[山口聖殿ニュース]
2019年度版のカレンダーがありますので、必要な方はお申し出ください。

1️⃣ おはようございます。🌅🎍☃️🐇
穏やかな冬の朝が続きます。たなびく雲も柔らかく空に浮いています。
昨日は李ヨハネ先生の聖和のニュースがありました。直接お会いしたり話したりしたことはないのですが、写真で拝見したお顔が記憶の中に蘇ります。
誰かから聞いた話なのですが、お父様御聖和以降、独生女論が家庭連合に現れ、その理論を徹底するために元老の食口達が呼び集められ、金振春氏による講義が行われたそうですが、李ヨハネ先生は頑として、そんな話は聞きたくない!として講義をさせなかったそうです。
後日、李ヨハネ先生を外して講義が行われたと聞きますが、お父様が生存されなくなった家庭連合において、李ヨハネ先生はどれほどの心の痛みを感じられたことでしょうか。可能ならば康オモニのように亨進二代王様の元へ飛んで行きたい思いではなかっただろうか…と、そんな思いにとらわれます。
キリストに従い侍って行く道を、我が道と成して生涯を全うしておられる康オモニの姿の中には、そのように歩もうにも歩み切れなかった多くの元老食口の祈りが込められているのかも知れません。
李ヨハネ先生、1916年生まれの104歳、1952年12月にお父様に出会い、その生涯を捧げて来られたその人生に心からの敬意を捧げるものです。
今朝の聖句は、テモテ第二の手紙からですが、テモテに呼びかけるパウロの言葉です。
“わたしの子よ。あなたはキリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい!”
私達も、亨進二代王様に仕える食口であるとするならば、強い食口でありたいと祈るものです。信仰の強さ、祈りの強さ、行動の強さ、いろんな強さの状況が私達には必要です。自分の弱さを嘆くばかりの人生を送ったとしても、神様の喜びとはなりません。