✳️2018年12月26日(水曜日)

✳️2018年12月26日(水曜日)
✳️天基9年・天暦11月20日

🔷今朝のみ言葉🔷
あなたの羊の状態をよく知り、
あなたの群れに心を止めよ。
富はいつまでも続くものではない。
どうして位が末代までも保つであろうか。
草が刈り取られ、新しい芽がのび、
山の巻草も集められると、

子羊はあなたの衣料を出し、
やぎは畑を買う価となり、
やぎの乳は多くて、
あなたと、あなたの家のものの食料となり、
おとめらを養うのにじゅうぶんである。
(旧約聖書.箴言.第27章23-27節より)

[山口聖殿ニュース]

1️⃣2️⃣ おはようございます 🧤🤶🎂🐇
師走に入り慌ただしい時なのかも知れませんが、今はまだ暗い静かな夜明け前です。
亨進二代王様という方を思う時、王冠や鉄の杖の摂理など勇気と大胆さが目につく側面が多々あるのですが、いろいろな面で繊細な配慮に満ちた方であることは間違いありません。
家庭内、或いは食口の一人一人や外からの方々、そしてさらに子供達や康オモニへの配慮や接し方、夫となり父となり兄となり師となって、誠心誠意尽くしながら為に生きられる姿を私達は拝見することができるのです。まさに亨進二代王様においては、羊の状態をよく知り観察しておられる良き牧者であると言えるでしょう。
良き羊飼いは、羊達を愛し関心を持ち、羊の状態に敏感です。
水の欲しい羊に草ばかりを与えても羊は喜びません。草の欲しい羊に、水しか与えなければ、羊は草のあるところへと逃げて行ってしまいます。
富がいつまでも続かず、位は末代まで保たれるものではない…よく言った言葉です。
自分に対して自己愛と関心の強い人は、やがて真実の財産を見失いかねません。しかし、羊達に対して良く愛情をもって管理観察して育ててゆけば、羊も山羊も富と繁栄をもたらしてくれるというものです。
お父様も亨進二代王様も、繊細にして大胆な方であるとつくづく思います。私達もまた、そのような側面の相続者でありたいと思うのです。
あなたの羊の状態をよく知り、
あなたの群れに心を止めよ。
今朝の聖句もまた一つの神の啓示であり、一つの教訓であるに違いありません。