✳️2018年10月6日(土曜日)

✳️2018年10月6日(土曜日)
✳️天基9年・天暦8月27日

🔷今朝のみ言葉🔷
よくよくあなたがたに言っておく。わたしを信じる者は、またわたしのしているわざをするであろう。そればかりか、もっと大きいわざをするであろう。わたしが父のみもとに行くからである。わたしの名によって願うことは、なんでもかなえてあげよう。父が子によって栄光をお受けになるためである。何事でもわたしの名によって願うならば、

わたしはそれをかなえてあげよう。もしあなたがわたしを愛するならば、わたしの戒めを守るべきである。わたしは父にお願いしよう。そうすれば、父は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。それは真理の御霊である。この世はそれを見ようともせず、知ろうともしないので、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なぜなら、それはあなたがたと共におり、またあなたがたのうちにいるからである。
(新約聖書.ヨハネによる福音書.第14章12-17節より)

[山口聖殿ニュース]

🔟 おはようございます 🍏🍁🦈🚴‍♂️
陽が射し太陽が昇ったかと思う間に、いつしか山里全体が濃い霧に覆われ、静かに山の稜線も消えました。山口県の今日は、台風25号の風雨にさらされそうな予報ですが、霧の山里から中国地方の無事を祈ります。
今朝の聖句はヨハネによる福音書です。イエス様の言葉の中で、“私の名前で願うことは、何でも叶えてあげよう!”との言葉があります。何とも嬉しい言葉です。イエス様の戒めを守りながら、イエス様の名によって願うことは叶えて下さるというのです。それがどれほど素晴らしいことでしょうか!
そうしてイエス様は、私達に助け主を送って下さるというのです。それが真理の御霊である聖霊であるというのです。そしてこの世の人々はそれを見ようとも知ろうともしないけれども、イエス様を信じる者は、それを知りその聖霊と共に生きることができるのだと教えてくれる今朝の聖句です。
皆さん、聖霊の役事ですが、如何ですか?その聖霊の役事を信じ感じながら生活していますか?
そのためには、イエス様を心から愛し信じなければなりません。そうしてイエス様と一つとなるのです。
十字架を目前にしたカルバリ山のイエス様は、十字架だけを見ていたのではなく、十字架を超えた先にあるものを見てくださっていたのです。それは、その十字架を超えたイエス様を信じ従い来る無数の聖徒達の群れの姿です。その聖徒達に与えられた無数の権能が、今日までの社会を作って来た原動力でもありました。全て聖霊の役事であると言えるだろうと思います。
そうして新たな時代と段階が来て、私達は更なる次元において聖霊の役事を行使することのできる時代を迎えているのです。
このような視点観点で見る時に、この世にイエス様が現れ、さらにはお父様と言える方まで現れてくださったということが、どれほど奇跡的なことであり感謝であることか計り知れません。アーメン!ハレルヤ!