✳️2018年9月13日(木曜日)

✳️2018年9月13日(木曜日)
✳️天基9年・天暦8月4日

🔷今朝のみ言葉🔷
主をほめたたえよ。
主にむかって新しい歌をうたえ。
聖徒のつどいで、主の誉を歌え。
イスラエルにその造り主を喜ばせ、
シオンの子らにその王を喜ばせよ。
彼らに踊りをもって主のみ名をほめたたえさせ、

鼓と琴とをもって主をほめ歌わせよ。
主はおのが民を喜び、
へりくだる者を勝利をもって飾られるからである。
聖徒を栄光によって喜ばせ、
その床の上で喜び歌わせよ。
そののどには神をあがめる歌があり、
その手にはもろ刃のつるぎがある。
これはもろもろの国にあだを返し、
もろもろの王を懲らし、
彼らの王たちを鎖で縛り、
彼らの貴人たちを鉄のかせで縛りつけ、
しるされたさばきを彼らに行うためである。
これはそのすべての聖徒に与えられる誉である。
主をほめたたえよ。
(旧約聖書.詩篇.第149篇1-9節より)

[山口聖殿ニュース]

9️⃣ おはようございます 🍇🌾🌙🐎
山口は、今朝も雲が全体を覆う重たい朝です。しかし、アメリカのペンシルベニアの空はどうでしょうか?穏やかな良き1日であることを祈ります。
というのも、今日は歴史的な基元節一周年の記念の日であるからです。昨年度の天暦8月4日(2017/9/23)、康賢実オモニが、失われて空位となってしまった真のオモニの位置に登極されることにより、人類の真の父母様の位置が決定して基元節の勝利的な一日を迎えて行くことができるようになりました。
あの日から一周年の時が過ぎたのですが、この一年間は、天の摂理が光の速さで進展し展開するような一年でもあったのです。この一年で亨進二代王様は、全米に知られる人となり、鉄の杖の王国の中心として燦然と光を放つ存在としてキリスト教社会に登場するようになりました。そして今後、鉄の杖の王国理想は、アメリカにおける主流思想として成長する段階に入って行くのです。全てが、この基元節が起点となりました。
その基元節の一周年の記念式典の行われるる日が、今日9月13日です。そして今日から三日間、9月15日の亨進二代王様の満39歳の誕生日まで、アメリカにおいては祝祭の日々が続くのです。
主をほめたたえよ!ハレルヤ!
天においてこの三日間は、祝祭の日々であるのです。
そんな朝に聖書を開くと、詩篇の最終章に近い149篇でした。
その中には、
主をほめたたえよ!
主にむかって新しい歌をうたえ!
とあるのです。
私達の体はこの日本にあるのですが、私達の心はアメリカへと飛んで行きましょう!そして、歴史的な基元節に私達も参席し、真のご父母様のみ名と栄光と、亨進二代王様・三代王権の勝利と栄光に共に参与して行きたいものです。