✳️2018年9月7日(金曜日)

✳️2018年9月7日(金曜日)
✳️天基9年・天暦7月28日

🔷今朝のみ言葉🔷
すべてイエスのキリストであることを信じる者は、神から生れた者である。
(新約聖書.ヨハネの第一の手紙.第1章1節より)

[山口聖殿ニュース]

9️⃣ おはようございます 🍇🌾🌙🐎
靄(もや)の立つ秋の朝、窓を開ければ一斉に虫の声が聞こえてきます。台風の爪痕も地震の猛威も、すべてを鎮め行くかのような虫の音の響きです。

今朝の聖句は、9月2日に亨進二代王様が語られた英語説教の訳文の中から引用させて頂きましたが、そのみ言葉を共有してみたいと思います。

“聖書にこうあります。ヨハネの手紙第1の5章です。

「すべてイエスのキリストであることを信じる者は、神から生れた者である」

これはもう信仰宣言です。これが重要なのです。これが基礎であり出発点です。絶対の核心的基盤だというのです。ほんとうの本質、エッセンスです。人はその堅固な基礎から出発しなければなりません。”

素晴らしいみ言葉であると思います。その通りです。アーメン!ハレルヤ!すべては、イエス様をキリストと信じるのか否かにかかってくるというのです。

再臨役事とその摂理に関しても同じです。真のお父様をキリストと信じるのか否か、すべてがここにかかってくるのです。信じる者は神から生れた者であり、信じない者は悪魔の子であることを証ししてしまう結果となるとともに、実質的に悪魔がその人を奪っていってしまうのです。

私達において如何でしょうか?皆さん!イエス様をキリストと信じますか?お父様をキリストと信じますか?

信じる人は皆、神から生れた者達であるというのです。ですからこれは、信仰宣言であり、これが重要で、これが基礎であり出発点で、これが絶対の核心的基盤で、本質でありエッセンスだと亨進二代王様が証しして下さったのです。

絶対の核心的基盤です。どれほど強烈でしょうか!

信じることができる私達を、神様が、神様から生まれた者であると証ししてくださるというのです。どれほど有り難いことでしょうか!

信仰の核心とは、イエス様をキリストである!と信じることに帰結する…と、そのことを忘れずに前進して行きましょう!新たな1日の始まりに、神様の祝福がありますように…。