✳️2018年8月23日(木曜日)

✳️2018年8月23日(木曜日)
✳️天基9年・天暦7月13日

🔷今朝のみ言葉🔷
神はわれらの避け所また力である。
悩める時のいと近き助けである。
このゆえに、たとい地は変り、
山は海の真中に移るとも、
われらは恐れない。
たといその水は鳴りとどろき、
あわだつとも、
そのさわぎによって山は震え動くとも、

われらは恐れない。
(旧約聖書.詩篇.第46篇1-3節より)

[山口聖殿ニュース]

8️⃣ おはようございます 🍧🏊‍♀️🏕🌻
風が立ち雲が走りながらも、東の空の雲の切れ間には朝焼けさえも見うけられ、台風が通り過ぎてまた台風が来ます。そんな日の朝なのですが、今日から渡米の途につきます。
お父様がご聖和されてより、六周年の時が過ぎ去りました。この六年間、いろいろな状況が様変わりしてしまいました。
韓国の清平に真のお父様のお墓はあるのですが、そこにお父様がおられるとは思いません。キリストとしてのお父様を罪ある者として踏み付け、自身こそ「独生女」として自称する元妻の座にあった者の反逆と背信によって、清平の天正宮は神様の摂理に対する反逆の王宮となり、サタンはここに負の条件を見出してその攻勢を強める好機を掴むようになってしまったのです。
悪がはびこり、その権勢の頂点にヒラリーがあり、アメリカの大統領職に昇りつめようとしたその時に、天はトランプという戦士を選び出し、奇跡的な大逆転劇をもって一方的な悪の陰謀勢力の暴挙への道を阻止されました。その奇跡的な勝利の背景の中に、たとえ自分自身の母親の天に対する反逆はあったとしても、天を裏切ることなく真のお父様を愛し信奉し続け、お父様のみ旨の道の継承に生命をかけて取り組んで行った真のお父様の後継者であり代身者でもある亨進二代王様の精誠の条件があったのです。
崩れ破壊された基台を再創造し、悪魔の実態と策略とを暴露しながら、今亨進二代王様は善なる義の戦いの最前線で指揮を執っておられる日々であるのですが、先週アメリカは内戦状態に陥っていると語られました。
そのような中でのお父様のご聖和六周年記念式典が、ペンシルベニア州ニューファンドランドの地サンクチュアリ教会において開催されます。
神様と真のお父様のみ力とみ言を頼みとしながら、み旨の道を辿って行かれる亨進二代王様が、真のお父様のご聖和六周年記念式典を主催されます。
その式典には、霊的にはサンクチュアリの全ての食口達が参加する場であり、今後み旨の道に積極的に関わってくるであろう未来の食口である戦士達の全てが参集する場でもあるのです。
祈りをもってこの期間を超えて行きましょう!六数を神側の勝利の日と取り戻して、新たなる九月の時を迎えて行きたいものです。