✳️2017年11月25日(土曜日)

✳️2017年11月25日(土曜日)
✳️天基8年・天暦10月8日

🔷今朝のみ言葉🔷
愚かな知恵のない民よ、
あなたがたはこのようにして主に報いるのか。
主はあなたを生み、あなたを造り、
あなたを堅く立てられたあなたの父ではないか。
いにしえの日を覚え、
代々の年を思え。
あなたの父に問え、
彼はあなたに告げるであろう。
長老たちに問え、
彼らはあなたに語るであろう。
(旧約聖書.申命記.第32章6〜7節より)

[山口聖殿ニュース・礼拝案内]
🔹第15回公開礼拝・2017/12/17(日)
🔹第16回公開礼拝・2018/1/14(日)
(※場所はカリエンテ山口です)

🍅 おはようございます 🍅🍃🏹🏈
原理を学び始めてもうどれくらい経つのでしょうか?1970年代初めの頃から今に至るまで、相変わらず統一原理を学びかつ教え伝えています。
そのような中で出会った数多くの人々の姿が、走馬灯のように浮かんでは自身の記憶の中で回転します。家庭連合の大会の中でビラ撒きなどをしていると、知っている顔に出会います。すると懐かしさの中で、立場も忘れて親しみの思いが込み上げてきます。
彼らが、無表情のまま目の前を通り過ぎて行ったとしても、懐古の思いに変わりはありません。幕張の時も名古屋の時も、そして大阪でさえ自分の過去を飾る人達は目の前を通り過ぎて行きました。
それらの姿を見送りながら、何故か神は父なる神であるとの思いを強めるのです。母はこの地に探さなければなりませんが、父なる神は天にある…そんな思いが強くなるのです。
伝道とは、父の代身の立場で母を探しに行くような世界かも知れません。結局は愛を探しに行く道です。出会った因縁は、たとえそれが昔の因縁であったとしても、神様を中心としたものであるとするなら、いつまでも色あせることなく消えることもないのです。
しかし今また、父の代身として母を探しに出かけなければなりません。堕落した人間の世界の中では、不幸にも、決して真の家庭人としての決定的な状況を未だに作れずにいるのです。
あなたの父に問え!
彼はあなたに語るであろう!
結局は、天に父なる神を尋ね求め、地に母なる人を探して行きながら、愛という理想郷を探し立てて行くのが人に道ではないかと思うのです。
今朝の聖句に見られるように、旧約時代の先から、確かに神は父なる神であったのです。