autumn (23)

✳️2017年11月16日(木曜日)

✳️2017年11月16日(木曜日)
✳️天基8年・天暦9月28日

🔷今朝のみ言葉🔷
兄弟たちよ。気をつけなさい。あなたがたの中には、あるいは、不信仰な悪い心をいだいて、生ける神から離れ去る者があるかも知れない。あなたがたの中に、罪の惑わしに陥って、心をかたくなにする者がないように、「きょう」といううちに、日々、互いに励まし合いなさい。もし最初の確信を、最後までしっかりと持ち続けるならば、わたしたちはキリストにあずかる者となるのである。

(新約聖書.ヘブル人への手紙.第3章12〜14節より)

[山口聖殿ニュース・礼拝案内]
🔹第15回公開礼拝・2017/12/17(日)
🔹第16回公開礼拝・2018/1/14(日)
(※場所はカリエンテ山口です)

🍅 おはようございます 🍅🍃🏹🏈
今のこの時代は、何と言っても危機の時代です。人類の真の父母であるはずの母の立場のその妻が、夫に背信して非原理的な道へと自らの立場を選択し独生女論を打ち立てた時代であるからです。
正当な後継である真実なる方は荒野へと追われて、社会の中には氷のような女帝が君臨する神なき世界が幅を効かせる時代を迎えるようになってしまいました。
揺らぐはずのない韓国の地に地震が生じ、保守系の人々はどんどん勢力を剥奪され、主が愛された国と人々は、行く手をサタンによって阻まれ狂わされ始めながら、正に危機の時代に突入しているのです。
しかしその波は、単に国家社会の傾向に留まりません。私達の心の中においてさえ、愛の試練と砂漠の中で、ともすれば不信仰な悪い心を抱いてしまい、生ける神から離れ去る者があるかも知れないのです。
ある意味において、今は伝道などの騒ぎの時代なんかではない…などと考え主張する人がいるのかも知れません。しかし、困難な時であればあるほどに、伝道ほど大切な神の業の時はありません。
なぜなら、私達は人を愛することにより神の愛を引きつけることができるのであり、原理を伝えることにより深遠な原理に出会うことができるからです。
実際、危機の時代を乗り越えることができる要因は、無限なる神様の力を取り戻すことができる条件を一人一人が確立して行くことが求められます。伝道こそは、サタンの勢力を阻止して粉砕することができる、最大の武器なのです。
愛されることよりは愛することを、慰められることよりは慰めることを、理解されることよりは理解して行くことを求め行動する聖フランチェスコのような心情圏に立つ道の前には、サタンは屈服して行くというのです。
そういう人となり、そういう生き方をしながら、互いに励まし合い、最初の確信を最後まで持ち続けて生きる私達でありたいと切に思うのですが、皆さん!如何でしょうか?そして皆さんと共に、キリストにあずかる者、亨進二代王様にあずかる者となって行きたいものです。