2015/1/26(月曜日)

2015/1/26(月曜日)
*天一国2年 天暦12月7日

~ 今日のみ言葉 ~

“宗教を通過せずしては天国へ入って行くことが出来ません。宗教が教えてくれる最高の教理は、神様を絶対的に為とし、人類を絶対的に為とせよということです。”

(み旨の道ー宗教ーより)

おはようございます

どこか寂しい湿った曇り空の小雨降る朝です。新聞に目をやれば、イスラム国での邦人人質殺害の報です。日本中に衝撃が走る朝です。

今朝のみ言葉は宗教ですが、宗教と聞くとあまり心が嬉しくありません。それは宗教の持つ善さよりも、宗教の弊害の側面を多く見てきたせいかもしれません。

一つの宗教と一つの信念が、他の人との信念との対立感情の根元となり争いの元になる現実をどれ程体験して来たことでしょうか!

お父様でさえ原理の布教にあたっては、苦しんで神様に訴えたのです。“布教し受け入れれば苦しむ者が出てしまいます。それでも良いのですか?”と。神様の答えは“それでも布教しなさい!”であったと。

原理は宗教の次元を越えるのだとあり、特に原理本体論教育は宗教の時代の終焉を宣言するとあります。

宗教的な対立の時代も過ぎ去る時代を来たらせたい神様がおられるのです。

神様、真の神様は今どの様な心情でおられるのでしょうか?暗い空に神様のみ旨を訊ねる朝です。