2015/1/25(日曜日)

2015/1/25(日曜日)
*天一国2年 天暦12月6日

~ 今日のみ言葉 ~

“アベル一人で天国へ行くことが出来ません。カインと一つにならなければ神様の愛を受けることが出来ないのです。堕落した世界を収拾して行かなければなりません。”

(み旨の道ーカインとアベルーより)

おはようございます

穏やかでキリリと寒い日曜日の朝です。蝋梅の花芽が一つ二つと開き始めました。

今朝のみ言葉はカインとアベルです。アベル一人で天国へ行くことは出来ない!という話です。カインと一つになって、神様の愛を共有できる状態にして行かなければならないと教えるのが原理なのです。

善だ悪だと規定して争いを起こすために神様がカインとアベルを立てたのではありません。堕落した立場を蕩減して、サタンを分立し、共に神様の愛の圏内に同参できる状況を作るために、神様はカインとアベルを立てたのです。

しかし、カインはアベルを殺害してしまいました。ここから曲折的で悲劇的な心の闇が人々を支配し始めるのです。

人と人が、不信が不信を呼び、愛が憎しみに変わり、傷が傷を欲する世界となりました。地上が地獄ならば天国も又地獄なのです。

神様は誰を頼りに救いの摂理をして行かれるのでしょう?それでもアベルを立てて行く以外ないのです。今荒ぶる者に関わりを取り付ける事が出来ない神様の無念さがあるのです。

アベルがカインを収拾して行かなければなりません。何をもってしてかというならば愛をもってしてです。何故ならば、あくまでそれが神様の唯一の武器であるためです。