2015/1/24(土曜日)

2015/1/24(土曜日)
*天一国2年 天暦12月5日

~ 今日のみ言葉 ~

“信仰の3子女は、アダム、イエス、再臨主など、3時代のカインを屈服させることの出来る条件的な人物達です。”

(み旨の道ー信仰の子女ーより)

おはようございます

青空に白い雲が浮かび、小鳥達が囀ずり、蝋梅の花芽が大きく膨らみました。大寒の中にも春の気配を臨む朝です。

今朝のみ言葉は信仰の子女、信仰の三子女を語る内容です。

3人の信仰の子女には、三代のカインを屈服させた条件が込められているという話です。

アダム時代の三天使、イエス時代の三弟子、再臨主時代の三弟子、それらの歴史的縦的な三代に亘る条件の成立要因が信仰の三子女というわけです。

3人は伝道しなければならないよ!とお父様が語って下さっているのです。

3人だけでいいのですか?と問われれば、もちろん、12名が理想です。
でも基本は3人です。この3人の基台が重要なのです。

何人伝道していても、3人の基台が崩れるとろくなことがありません。
3人にしがみつけ!というのではありません。3人の基台を大切にしなさい!ということです。

お父様は成功の秘訣、勝利の秘訣の全てを教えておられるように思います。後はそれらを実際に成すか否かです。

それにしても、信仰の三子女は重要です。この言葉に、過去と現在と未来がかかっているというこの原則は不滅なのです。