聖殿のニュース

ティムエルダ本部長「生命の冊(せいめいのさつ=いのちの書)祝福の日は大変晴れた天気になる」

Author
fujio kim
Date
2019-10-11 05:25
Views
20


時:2019年10月9日
場:キンズレポート
所:天一宮ステュディオ

ティム エルダー本部長:

やはり、週末の天気。いつも二代王が心配されておられたので、お知らせします。

まず鐵杖(てつじょう)祝祭が開幕される土曜日12日は晴れ時々曇り。昼の気温18度まで上がります、雨の降る確率は22%ですが降雨量が0ミリと出ています。雨は降る様子ではありません。夜は7度まで下がり、

そして、祝祭二日目の日曜日13日はやはり気温は18°まで上がり、雨の降る確率は10%と言います。けれども降雨量は0ミリ。ほとんど降らないということですね。

そして、生命の冊(せいめいのさく=いのちの書)祝福がある月曜日はアメリカは公休日です。コロンブスがアメリカ大陸を発見した日を記念する日です。その日は気温は20度まで上がります。大変晴れた日になるということです。降雨量は0ミリですから、降らないという事ですね。とにかく良い天気になるようです。

思い出すことは、私は日本で小学校に通ったのですが、秋の運動会になれば朝早く起きて、学校の校庭でアドバルーンを上げてあるんですね。上ってあるのを見たら運動会があるという表示になります。それが見えなければ取り消し。

韓国はそういうのはないです。だから朝早く起きてそれを見つけて、あれば、「わー、今日は運動会だ」と言って学校に走ってきます。今、そういう気分です。
Total 0