聖殿のニュース

李相烈会長「来年、2020年クック牧師が山口聖殿訪問予定」2019.8.31

Author
fujio kim
Date
2019-09-04 14:17
Views
49


■「クック牧師の韓国・日本巡回」

時:2019年8月31日
場:韓国聖殿會長國際會議
所:各聖殿

ジョージ クック牧師が来年3月か4月に韓国日本を訪問することについて話がありました。韓国ではアボニムが出発されたボンネッコルから聖地を見て廻ります。食口集会をして、キリスト教人牧師たちとの集まりもしたいと考えてます。この話が出た時に王様が「DMZも訪問しなさい」というお話がありました。その準備をしています。

そして日本でどこに行くかの決定は、この度9月2日の行事で会ってから、確定し、そして山口に行きます。山口で佐藤顕会長を中心として、海洋摂理とか色々なスケジュールを持つ準備をするようにというお話がありました。

●王妃様より感謝の言葉

この度、信八(シンパル)ニムと素栄(ソヨン)さんの祝福式に多くの韓国の食口が祝儀金(しゅうぎきん)を送りました。王様と王妃様から、「ありがとう」というお言葉がありました。韓国からは100名ぐらいの食口が祝儀金を送りました。特に王妃様が、「大変ありがとう」と、2回も3回も言われておられました。王妃様の代わりにこの言葉をお伝えします。

●男女問題

先ほど青年についての報告をする時に話が一つ抜けていたんですけれども、「聖殿でもどこにおいても男女が一緒にいる時には、必ずドアを開けておくように」、という事を強調されました。どういう意味かわかると思いますけれども、この事を強調されておられました。

●神の日はラスベガスで

王様が、「来年1月1日、神の日の行事をラスベガスでする」という話をされました。この度、鐵杖(てつじょう)祝祭が終わって、初めの行事をラスベガスでするという事に意義があると思います。「御父様がラスベガスで初めて使われたホテルでしたい」という話をされました。

私たちはアボニムの聖霊役事をどのように実際に伝道にしていくか(つなげていくか)、これを私達が祈祷しなければならないと思います。今はイエスニムとアボニムの聖霊役事を通じて鐵杖祝祭と共に、来年アボニムの生誕100周年を成功的に出発させなければならないと、祈祷するごとにその思いが湧くのです。結局、イエスニムとアボニムの聖霊役事を通じなければ、私達は二代王がお話しされる御旨を成すことは難しいんじゃないかと私はそのような考えを良くするのです。

では、基元節行事に行って参ります。ありがとうございました。
Total 0