聖殿のニュース

●李相烈会長「1014鐵杖祝福摂理の為の多角的活動」2019.7.13

Author
fujio kim
Date
2019-07-18 02:56
Views
540

李相烈(이상열)會長
●1014鐵杖祝福攝理(철장축복섭리)를 爲한 多角的活動(다각적활동)
(韓国語, 4分)
https://youtu.be/TeyC8thS_tg

●李相烈会長「1014鐵杖祝福摂理の為の多角的活動」2019.7.13

時:2019年7月13日
場:韓國聖殿會長國際會議
所:各聖殿と訓讀所

李相烈(イーサンヨル)会長

よく御存知の通り、1014鐵杖(てつじょう)祝福攝理の為に王任(ワンニム)は今、多角的に國進(クッチン)ニムと一緒にその活動を進行しておられます。特に去る7月4日には、VIPとペンシルバニアにおられる方々を招請して鐵杖祝祭準備の為の活動を始めておられます。そして鐵杖王國の本が出てくると、おそらくより忙しく動かれる事と思われます。

王任(ワンニム)が先週にも御言葉を下さった部分の中にアボニムの聖體(聖体)をペンシルバニアに迎えてから、定州に本鄕苑を立て。本当は世界會長としておられた時、定州(ジョンジュ)に王宮を建てる為のそんな鳥瞰図(ちょうかんず)を作られていたのです、事実は。しかし、荒野に出られてからそれに関する御言葉を話されなかったのでしたが、このたび、御言葉を下さったので、その南北統一がされたら、あるいはそうならなくても、定州の地に真の父母様の聖體をお迎えできる基盤を韓國聖殿がどのようにして差し上げるのかという事に今から本当に祈禱し、またその為に、私達が結集していくべきではないかという話で、私の言葉を終わります。

報告(祈祷)いたします。

ありがたく感謝します、父なる神様。これまで人間が信仰を持たず多くの歷史期間を父が恨み嘆かれながらも捨てる事ができず苦難の道を歩んで来られました。

この地にチャンプモニムが来られ、攝理されたことにも拘(かかわ)らず、韓氏オモニのその墮落により今日(こんにち)、攝理の祖國がこのよう難しい道を行っています。

このような現実の中で今日(こんにち)韓國聖殿に愛するこの指導者達を立てて、この国がハナニムの祖國と故郷として立てられ、定州にチャンプモニム本鄕苑を迎えて、ハナニムの王國を実体的に定着させて行かれるその望みを奉じて成して行く事ができるよう、強く大胆な信仰と勇気をより増して下さり、指導者になることができるようアボニムの聖霊様の役事が共にあるようにして下さい。

また、1014天地人チャンプモニム天一國生命の冊(さつ)入籍鐵杖祝福と鐵杖解放祝祭を攝理的に成そうとして差し上げる懇切な心情を持ってすべてがアボジの御旨に合うように成して行く事ができるよう引導して下さり主管して下さい。

全体を主管して下さった事を感謝捧げながら祝福中心家庭李相烈(イーサンヨル)の名前で報告お捧げ申し上げます。我主。

お疲れ様でした。感謝します。
Total 0