ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

●二代王「すべてアボニムの役事です、これ」2019.7.10

Author
fujio kim
Date
2019-07-11 17:01
Views
39


時:2019年7月10日水曜日
場:韓国語礼拝
所:世界平和統一聖殿本部

二代王:

そこは日本なの?日本の若者なの?ユラは通訳して。

ああ、本当に私達は久しぶりだね。礼拝にここに集まってチャムアボニムに礼拝を捧げる事が大変、貴い福だね。

今、一カ月の間、全(チョン)会長が天一宮(チョニルグン)で苦労をたくさんされましたね。本当に。全会長がいなかったら、大変な事になるところだったね。

七月四日の日に初めて私達コミュニティがVIPを迎えて祝賀の挨拶をしました。その独立(記念日)の日にそんなVIPが十五名ぐらい来ましたが、その行事の三日前に連絡したのです。急いで来たのですが、本当に重要な方達です。ここで。

その参戦勇士達。その中の一人がトム ライアンというその方が、ここ東北ペンシルベニアの参戦勇士達をみんな管理します。

その方が数カ月前に行事をしたのですが、一万二千名の参戦勇士が出て来ました。一万二千名。

護国英靈(霊)達、戦争で亡くなった方達がいるでしょう?戦死された方達。その方達を記念する壁があります。特に テロ事件の後にイラク戦争、アフガニスタン戦争、いろいろありましたね。その多くの勇士達が死亡した壁(記念碑)があります、美国に。本当に重要な内容ですが、それは(移動させるには)特別許可を受けないといけません。

しかし、トム ライアン会長によって、その壁が鐵杖(てつじょう)祝祭に来ます、鐵杖祝祭。全参戦勇士達と美国(ミグク=米国)にいる勇士達がみんな来る事ができる機会になるのです。

これはすべてアボニムの役事です。これは私達がした事ではありません。すべてアボニムが役事をされて、こんな重要なアベル圏基督教人達が、

こんなにアボニムの後繼者(こうけいしゃ)、相續者(そうぞくしゃ)、代身者、二代王、三代王權(おうけん)とカイン・アベルと一緒に活動しているのです、一緒に。