聖殿のニュース

○ミキ「同性結婚合法化、どのように考えますか?」2019.6.14

Author
fujio kim
Date
2019-06-16 03:23
Views
53

●同性結婚合法化 어떻게 생각하십니까?
どのように考えますか
(日本語, 4分半)
https://youtu.be/zqdgfO-RnvY

ミキ:

皆さん、こんにちは。ライオン クィンズのミキです

最近日本では、同性結婚賛成の輿論(よろん=世論)が80%になるという結果が出ました。日本は多様性を認める国であり、また、最近LGBTの文化的浸透により、日本人の同性愛に対する認識が変わってきました。

LGBT
레즈비언(Lesbian)
게이(Gay)
兩性愛者(양성애자,Bisexual)
트랜스젠더(Transgender)

同性結婚を合法化する事は同性愛する人を認定する事とは次元の違う問題だと思います。私は個人的に同性愛が好きでありません。しかし同性愛者の存在を否定する事はしません。私が同性結婚の結婚を強く対する理由は簡単です。それは国と社会の秩序を守らなければならないからです。

その理由は今日は二つお話しします。

一番目。同性結婚の合法化が他の性少数者の結婚の合法化の門を開くことになるからです。

同性結婚を賛成する人の主張は次のようです。愛の性別制限というものはない。誰でも愛する人と結婚する権利がある。

誰を愛するか、それはその人の自由です。認めます。しかし、もし何の基準もなく愛する人と結婚する権利があるという理由で同性結婚が許されるなら、「私は愛する妹と結婚したい」という近親結婚、「私は愛する二人の妻と結婚したい」という一夫多妻、彼らが主張する愛と結婚の自由をどのように防ぐことができるでしょうか。そういう社会は混乱に陥(おちい)るしかありません。

「それは余りにも考え過ぎじゃないか」と考えますか?実際にアメリカで2015年に同性婚が合法化されました。その後、一夫多妻、続けて2番目の妻との結婚を認定してくれている内容が法廷に提出されましたまた。

また、2016年に同性婚が合法化された南米のコロンビアでは、その次の年に男性3人の結婚が法的に承認されました。

同性結婚が合法化された国々では、結婚の範囲が一夫多妻、複数結婚に広まっています。

二番目は、社会的弱者である子供を守るためです。多くの国々がなぜ男性と女性の異性結婚を法的に守って来たのでしょうか。異性結婚が社会的弱者であるもっとも子供も安全に保護し育てる事が出来るからではなかったでしょうか。

ある大学の研究結果によると、同性結婚の子女は異性結婚の子女に比べ、情緒発達面において問題を持つ確率が2倍高いという結果が出ました。子供達は今、不確実な社会実験の対象になっているということです。

そういう状況の中で、国が同性結婚を合法化するということは子供たちに致命的な危険になると思います。

私は多様性を認定します。しかし多様性の前に秩序がなければなりません。秩序のない多様性は国を滅ぼします。

日本では、同性結婚合法化の動きに、安倍総理が「少し慎重に考えよう」と防いでいうます。しかし、いつまで持ちこたえるかわかりません。

皆さんは、同性結婚合法化について、どう考えられますか。
Total 0