ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

●二代王「タレをつけてカエルの丸焼き」2019.6.12

Author
fujio kim
Date
2019-06-14 21:10
Views
32


●양념을 바르면 통개구리
タレをつけてチキンのように蛙の丸焼き
(日本語, 8分半)
https://youtu.be/ClM3egVQIzE

時:2019年6月12日
場:韓国語礼拝
所:天一宮スタジオ

天一国では、自由はありますが、責任もあります。信仰と行動。自由と責任。信仰と行動。自由と責任。つばさ。鳩(はと)のつばさ。聖霊の何?聖霊の鳩と言うの?ドブは何?(「鳩」) 
鳩(ピドゥルギ)はピジョン(pigeon)じゃないの?鳩はピジョンなの?ドブ(dove)なの?同じ?なぜ同じなの?ドブは白いよ。

鳩の胸の肉はおいしいって。鳩は飼う事ができるんだってよ。恐ろしいボクシング選手、マイクタイソンが鳩を飼うのに大変、狂ってるって。本当に。それで自分の心が治癒できるんだって。

鳩を飼って、飛ばすとまた帰って来る。それもやってみよう。天一宮でやってみよう。生命を象する白い鳩。ダメかな。私達は専門家じゃないから学ばないといけない。鳩の家を作ってやると
そこでだけ住むんだって。そこにだけ帰ってくる。卵を産むだろう?鳩の卵食べられるの?食べられるだろうね。

開けてやったら、朝、バタバタと飛んで行って、また帰ってくるんだって。おそらく、韓国でそんなことを知ってる人がいるんじゃないの?聖殿の中に。全相哲(チョンサンチョル)會長が知っているでしょう。とにかく、聖殿にいる方達を見たらそういう知識がある人達が多いですね。ここ、天一宮(チョニルグン)でもブルーベリーの農場ができましたね子供達が植えて。

そういう内容を通うじながらも皆さんもそういう内容を発展させて天一国の知識を高めるのです。そうやって自然と一緒に資産を作るのです。借金の山じゃなくて資産!

そのテレビの番組に出た長老もいるじゃない、聖殿會長。その方も漢方薬も作って、そういうのが好きで、それ全部資産です非常事態なったら、その聖殿會長も何ですか、蛙(かえる)農場をするんだと言う事です。蛙も食べたら鶏肉のようです。

蛙農場をしながら生存管理をして非常事態においてカエルを食べる事ができるんですね。蛙も食べたらチキンのような味がします。タレをつけてね、チキンのように。そしたら鳥の丸焼きじゃなくて蛙の丸焼きだ。

そういう内容はみんな知らないんだけども、長老はそれをやるんだね。どれほどそういう内容が本当は資産だ。天一国文化においてもそういうものを発展させて細かく考えて、そういうものは先祖達が苦労されて発展させて開発した内容を捨ててしまって、現代になってみんな借金だらけになってしまった。グローバリストの下で働き、天使長、ロスチャイルド銀行家、サタン教の野郎の下で奴隷になってしまった。よくやった!

そういう自然から出た全ての知識を無くしてしまった。市民達を奴隷にしてしまった。市民達は自分達で何もできないから、都市でだけ住んで、都市は監獄になってしまった。アパートは自分がお金を出す監獄だ。自分がインテリアデザインはすることはできるんだけど、監獄だ、本当は。税金だらけになって人間奴隷になって本当の資産はない。借金だらけになった私達の先祖から学んだ全ての内容を無くしてしまった。

自然の薬、自然の内容。昔は癌もなかった。そんなものがなくなってしまった。それは資産だ。それと現代のテクノロジーが合わさってそれが天一国の途方もない資産だ。

私達の先祖もインターネット、アイフォンがもしあったら好きでしょう。でもそれにはまってしまったら、それは完全に借金だらけ、自分がインテリアデザインすることできる監獄に入って、都市、セメント、死の墓に入ってしまう。人間奴隷になってしまう。

市民達がこんな自分が生きていく方法を探してこそ、中央政府の嘘と中央政府の宗教から抜け出ることができる。ハナニムとの美しい関係。自然と責任ある関係。市民達を王と祭司長として立てる関係。奴隷でなく、その内容を通じながら、天一国、再臨主に会うことができチャンプモニムに会うことができ、真なるアボジ・オモニに会うことができ、自己(私)を愛し、自己(私に)人権権利を下さったハナニムをより知る事ができ、その国に王国に住む事ができる驚くべき生(せい)を生きる事ができるのです。

良い秤(はかり)。悪い秤じゃなくて。皆さんもこういう内容を通じて、早く!ミクロ コスモスであっても、する事のできる内容から始めて、アパートで住んでいたらそのアパートの中で育てることができる有機農食物とか、でなければ、アパートの中でできる小さな魚の農場とか。そういうシステムを開発しながら研究しながら。

始めが重要だ。始める事が重要だ。その内容を通じて天一国の文化と天一国の勇気と力を他の市民達に伝達しながら、伝道、伝道もしながら、天一国はどんな国なのか、どんな王国なのか、そしてその方、再臨主、王の中の王が誰なのか証拠する事のできる美しく美しい秤になることができるように神様の大きな!祝福と愛と力を!注いで下さることを懇切に!願い望みながら今日の礼拝の言葉を終わります。来週、お会いしましょう。