ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

●二代王「さあ、いっしょに祈祷しましょう」2019.6.3

Author
fujio kim
Date
2019-06-09 22:00
Views
52

二代王 祖上解怨式 祈禱
●「자, 다 같이 祈禱(기도)합시다」
さあ、いっしょに祈祷しましょう
(日本語, 20分)
https://youtu.be/t0dC_BqTl0Q

時:2019年6月3日
場:祖上(チョサン)解怨式
所:世界平和統一聖殿本部

二代王:

愛の多いなるハナニムアボジ。 アボジ、感謝し、また感謝いたします。

あなたが太初(たいしょ)から自由理想世界、自由と責任に溢れる理想世界を望まれ願われました。アダムとヘワ(エバ)に対して全ての愛と全てのあなたの意志を注いで下さり、彼らがいつの日か、生育、繁殖と萬物(万物)を主管する事ができ、全世界を王と王權とハナニムの王国が地上の現実となる事ができる、そのような未来を願われ、そのような運命を期待されたのに、

罪とサタンの背信により、その反逆によって、ヘワが堕落され、アダムとヘワが反逆者立場とアボジの御言葉を逆らっただけでなく、アボジの血統まで無くしてしまっていく、アボジの未来の家庭、息子娘、孫までも殺した堕落の歴史、血統を失った悲惨な歴史を見る事になってしまわれました。

アボジのその血、その血の戦い、その血統を復帰する為の長ーい復帰攝理歴史。あなたが選択されたイスラエル民族達と、あなたが立てられた預言者達、アブラハム、イサク、ヤコブのハナニムであられるアボジ。イスラエルの王達をたくさんご覧になり、サウル、ダビデ王とソロモン王まで見られ、予言者達イザヤ、ミカ、ネヘミヤなど、全て見られましたが、そのすべての歴史は、ただあなたの息子イエス クリストがこの地に勝利的にメシア基盤に帰って来られる事が出来るように悲惨に歩まれた歴史でした。

イエスニムはここに来られて、ただ善なる先生としてアボジの御旨と内容を教えて下さっただけではなく、アボジの実体として、実体本体としてこの地に来られ、アボジの血統を再びこの地に立てる事が出来るアボジの大いなる願いであなたの息子イエス クリストを送られ、血統と血筋と王權、血、この地にサタンの王達が満ちて、この地にサタンの血筋とサタンの血統がいっぱいに満ちている暗闇の世界、アボジが直接見られた血と血統と血筋がこの地に成されて、四位基台を勝利して三代王權も勝利して、サタン世界をなくしてハナニムの王国が地上に実体化する事ができる願いを持っておられたのに、

不信によってイスラエル民族とローマの異邦神を信じる偽りの内容、政治サタン主義と寡頭政治によってイエスニムを、あなたが愛される息子を十字架に掛けて殺してしまったのです。

かとうせい
寡頭政
oligarchy(オリガキー)
全部または大半の政治権力を、
特定の少数の人々が
握っている政体。

七十年代のトラヤヌス皇帝もローマでイエスニムの全ての兄妹姉妹達を殺し、ヤゴボ(ヤコブの手紙)に出てくるそんな全ての内容を、そのままヤコブも殺し、シメオンも殺し、イエスニムと血筋で連結された全ての兄妹姉妹達を無くしてしまいました。

しかし主は、兄弟の血筋で来られるのではなく、直系の子女達が信仰の基盤となり、実体の基盤となる使徒達や弟子達だけでなく、主の直系の子女達が、どの弟子よりも主を愛し侍って似た者となりたいそのような後継者達と三代王權を立てて下さいました。

地上天国がこの地に来て全世界とサタン世界を打ち下す事ができる驚くべきアボジの血統の役事を成す事ができたのに、サタンの攻撃とイスラエル民族達の5%の責任分担の不信により失敗したように、主の命は終わりとなり、長いニ千年の歴史を通しながら億萬(億万)戦争と億萬の悲惨な歴史を通しながら、基督教の基盤に乗って千九百二十年代に再びメシアが再び来る事ができる攝理的基盤が準備されました。

イエスニムが最初に来られた時、エルサレムでなく、イスラエル、ナザレの田舎から出て来たように、遠い国、小さい国イスラエルに似た国、信仰と信心(しんじん)が繁昌(はんじょう)している所、韓半島に再臨主が来られ、良い先生として良い平和の御言葉を下さるだけでなく、アボジの血統、実体、本体がこの地に再び来られ、実体的チャンプモ(真の父母)となり、実体的直系子女を置かれ、その直系子女の中でアボジが選択された後継者・相續者・代身者、またカインとアベル、また三代王權を直接的にアボジの手で立てられ、代代孫孫、全ての時代に攝理(摂理)的中心になる事ができるアボジの代身者を立てられたので、

その役事を通じながら、アボジが靈界に昇天される時も、全世界の前に悲惨な韓氏オモニのバビロンの淫女(いんじょ)の堕落の反逆の歴史がありましたが、アボジの直系の子女達が、また、アボジの直系の子女であるカインとアベル、直系の子女である、アボジの後継者・相續者・代身者と孫達と三代王權がアボジを捨てずに、全てを失い、ここペンシルベニアで再び何もない基盤から始めながら、七年の短い期間で世界的に出て行く事が出来る驚くべき役事をアボジが施して下さいましたので、私達はここに立っているのです。

そのような大いなる役事の中で、私達の手足だけでなく、天使世界と祖上(チョサン=先祖)達と共にアボジの天にある軍勢力がアボジに侍り、チャムオモニム(真の御母様)も送って下さり、チャムオモニムが九十一歳まで三代王權に侍り保護され昇天され、今やチャムアボジのすぐ横におられるオモニ、チャンプモニム(真の父母様)。

これからは靈界(霊界)の世界があなたを讃揚(チャニャン)しあなたに侍り、チャムオモニムもチャムアボニムを高められ、敬われ、天使達と長老達と全ての祖上(チョサン)達が、アボニムを讃揚(チャニャン)しアボニムの聖靈(聖霊)の役事がこの地に火の柱のように降りる事が出来るように役事して下さっている事を真心(しんしん)より真心より感謝お捧げします。

アボジの恩恵・恩寵(おんちょう)・恩賜(おんし)により、私達は不足ですが私達の力でこの世界を覆(くつがえ)す事は出来ませんが、そのように短い時間でまた、今、私達の目の前でアベル圏基督教と共に走って行く事ができる驚くべき門を開いて下さり、

準備された兵士達と
準備された民兵達と
準備された勇士達と
準備された愛国者達が
今、アボジの三代王權と
アボジの国とアボジの王国と連結され、
世界萬民を天一国に引導する事が出来る、そのような宗族(そうぞく)王と王妃達として立てて下さった事を真心(しんしん)より感謝お捧げするものです。

若い者達もあなたの愛であなたの後継者・相續(相続)者二代王の直接訓練を受け、彼らが実体的信仰の基盤、実体基盤となって、アボジの天上にある民兵隊と軍勢力が地上にいる三代王權と一緒に訓練をし成長し、連結し、他のすべてのアベル圏基督教人と連結された平和軍警察訓練と若い者達が靈界と一緒に動いてアボジの御旨がこの地に成されるように私達を引導して下さいませ。

アボジの大きな愛で、私達が死んでも戦い出て行く事ができる、そのような勇気とそのような目的と動機を注いで下さり、アボジの国とアボジの王国の為に建設する事ができる小さな要素となり、その栄光が全世界の前に現れる、そのような大いなる恩恵・恩賜を受ける事ができる私達となったので、

私達はここアボジの聖殿であなたを思うだけでなく、あなたと共に走って動いてサタン勢力達と戦い出て行く事ができる、私達となる事ができますよう許諾して下さい。

真心(しんしん)から真心から感謝申し上げます、アボジ。アボジの熱い愛とアボジの熱い火により、私達は復活され、私達の心から滲(にじ)み出る天一国の願い、その王国が一日でも早く地上に勝利的に実践され、天一国憲法が全世界を覆って、全世界を暴君達と政治サタン主義と共産主義と社会主義サタンのサタン主義の世界達、

罠(わな)の手から抜け出す事が出来る
驚くべき役事、
驚くべき未来、
驚くべき理念、
驚くべき願いを
見つめて出て行く兵士達、
靈肉(れいにく)世界が共に走る事が出来る、愛の役事をアボジハナニム、引導して下さいませ。

鐵杖(てつじょう)訓練と鐵杖の王国が ハナニムを愛し隣人(となりびと)を愛する愛を中心とした国であるように、恐ろしい力と恐ろしいパワーはありますが、私達はいつもアボジの愛に似た羊飼い・牧者達に成る事できるように、アボジハナニム、私達を育てて下さり引導して下さい。

今日(きょう)も、今日、解放された二百十代先祖も、この線に乗って、アボジのチャンプモニムの靈界(れいかい)にある軍勢力を入宮し、私達と共に走り戦い、政治サタン主義とサタン主義に勝利し、サタンの王達が下がり、

天一国王達がチャンプモニムに侍り、チャムプモニムの王權と三代王權とカインとアベルに侍り、サタンの勢力達とサタン世界が建てた壁を貫き、エリコの壁が崩れたように約束の地に出て行き戦っていく事ができる、私達となれるよう許諾して下さいまぜ。

アボジの大きな大きな愛と大きな恩恵で私達はここで息をし、動き生きていく事が出来る者達ですが、私達の後ろには、この宗族(そうぞく)王達の後ろには、これからはアボジの天上の軍勢力に入る全ての祖上(チョサン)達が靈的(れいてき)なその武器を取り出し、私達と共に一線に立つ事が出来るように許諾して下さいませ。

アボジの大きな大きな大きな愛の前に敬拝し、また敬拝し、また敬拝しお捧げしながら、アボジに全ての讃揚(チャニャン)と榮光(栄光)と喜びを捧げながら祝福中心家庭、文亨進(ムンヒョンジン)家庭、三代王權(王権)の名で報告し祝願致します。

我主(アジュ)、我主、我主。