ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

●二代王「天一国愛国者に先祖といっしょになりましょう」2019.6.3

Author
fujio kim
Date
2019-06-06 09:54
Views
38

●天一國愛國者들이 祖上들과 함께 되리라
天一国愛国者に先祖といっしょになりましょう
(日本語, 17分)
https://youtu.be/yshcJV4aTUg

●二代王「天一国愛国者に先祖といっしょになりましょう」2019.6.3

時:2019年6月3日
場:祖上(チョサン)解怨式
所:世界平和統一聖殿本部

二代王:

アボニムの大きな愛で、私達は210代まで祖上(チョサン=先祖)解怨式と霊界の世界が分かるようになり、そして、霊界を解怨する事ができるアボニムの、ハナニムの恩恵、恩寵(おんちょう)、恩賜(おんし)であり、人間の能力でする事ができない、ただハナニムの愛でのみ、クリストの実体であられるイエスクリスト 再臨イエス、チャムオモニムが、全霊肉世界権威のあるクリストなのです。

聖書の御言葉は何を言っているかというと、クリストは、イエスニム当時に、ローマ市民に対しても、私はすべての天上天下(てんじょうてんげ)にある権利があると言われました。

人間はただ物質の内容だけでなく、皆さんは全て霊魂と霊人体があるのです。お互い顔だけ見て、お互い外的にだけ見るのですが、皆様も私もみんな帰って行くようになっているんです。土に帰るだけでなく、霊界に再び帰って行くのです。霊界。

その見えない世界において私達はハナニムと一緒に永生するのです。即ち、そこにおいて、永生生活が正に私達の自由意志と自由の選択と連結されているのです。

すべての決定に結果があるように、地上にいる時に私達の決定が永遠の世界に永生に
影響だけでなく、私達がどこで永生するのか決定されるようになります。

主は、私は道であり、何だって?真理であり、生命である。私によってのみアボジに行く事ができると言われたでしょう?すべての世界の宗教と、すべての世界の聖人達がいたけれども、彼らはクリストと連結されるのではない。クリストの大きな愛と、チャンプモニムの勝利圏によって、堕落した罪人達だけでなく、そのアベル圏宗教達も連結され、五大聖人達がクリストを直接知らなかったけれども、(五大聖人ではなくて)四大聖人達、チャンプモニムの勝利圏により、その四大聖人は、すべての霊人世界達がアボニムと連結されるようになり、証し人となり、開かれるようになりました。

今からチャンプモニムが地上におられませんけれども、天上において役事をされて、アボニムの後継者、相続者、代身者、三代王権とカインとアベルの統一により、アベル圏基督教人達とアベル圏世界を、今、復帰して行くのです。

その復帰の役事が今から、天から下される驚くべきアボジの聖霊の火とアベル聖霊達と五大聖人達の霊界の世界達、それだけでなく、天上にいるすべての解怨を受けた霊人達と先祖達が、一つの秩序に従って、チャンプモニムに侍り、チャンプモニムと共に役事する事ができる、そのような同参者達になる事ができる驚くべきアボニムの伝統です。

全ての霊界と地上と天上にある権利がハナニムのものでありクリストのものであり、アボニムの直接的な選択で、後継者、相続者、代身者の権威で、皆さんの先祖達はクリストが生きておられる時、連結する事はできませんでしたが、その後孫達を通じながら、後孫達が真の橄欖(かんらん=オリーブ)の木と連結されながら、血筋の転換と血統転換を通しながら、ハナニムの血、血統、王家の中に入る事ができる、そのような驚くべきチャンプモニムの勝利圏と愛を受けるようになります。

로마書11:17
돌橄欖(감람)나무인 네가 그들 중에 접붙임이 되어 참橄欖(감람)나무 뿌리의 津液(진액)을 함께 받는 者(자)가 됐으니

ロマ書 11章17節
野生のオリーブの木であるあなたが、これらの中に接ぎ木され、真のオリーブの木の根の津液(しんえき)を共に受ける者となったので

僕と奴隷達の世界で生きてきた皆さんと皆さんの先祖達が、皆さんを通しながら、ハナニムの実体再臨のクリスト、チャムアボニムとチャムオモニムの勝利圏と、代代孫孫、残されたアボニムの王圏の代身として、祖上(チョサン)解怨式と、皆さんと共に霊界の世界を開き、先祖達が同参し、先祖達が霊肉世界と共に戦い出て行く事ができる、そのような兵士達となる恐ろしい役事なのです。

その霊界の世界を通しながら、これからはアベル圏基督教とアベル圏基督教世界が、アボニムの三代王権と連結され、クリストに侍る兵士達と勇士達がアボニムの権限圏にいるすべての宗族(そうぞく)王と王妃と共に摂理を率いていく事ができる勇士だけでなく、兵士達と軍隊、民兵隊のような霊界で白い衣(ころも)を着た天上にある軍勢力。ヨハン啓示録(ヨハネの黙示録)14章に出て来る14万4千に同参する白い衣を着た霊人界の役事。彼らは死んだのではなく彼らは(地上の)人でしたが、彼らの霊人体が生きて残っており、散らばっているものとして霊界にいましたが、チャンプモニムの大きな勝利圏と愛によって、皆さんの後孫達の5%の責任分担を通しながら、そのすべての連結圏が一つとなり、ハナニムの摂理に同参する事ができる先祖達になる日なのです。

これこそが見えない世界に、皆さんが来る(生まれる)前に、過去に来られた方達が、その方達は霊界で静かにしているだけではなく、チャンプモニムと共に、特別にアベル圏基督教世界とクリストに侍りクリストに仕えるクリストを慕う者達、ハナニムの命令に従い、彼らが夢と幻想に現れ、彼らがクリストの恩恵・恩賜を証拠(=証し)する事のできる霊界の役事に同参できる民兵隊・軍勢力になるのです。

それだけでなく、三分の一の天使世界が聖經の立場で(=聖書にある通り)サタンに従い行って戦っているので、その先祖達が天使達と共に軍勢力になり、サタンの勢力とサタンに従った天使長の勢力。善と悪が分立されて、善世界、正義の世界、恐ろしい動機と愛で霊界に戦いに出て行く事ができるのです。

中心のない民兵隊と中心がない王国が(ありえ)ないように、散らばっている皆さんの先祖達が、チャンプモニムの恩恵・恩寵・恩賜で、また、皆さんの5%の責任分担が連結されて、地上と天国の連結圏、アボニムの三代王権によって、三段階が全て連結されて、
一つの心、一つの考え、一つの意思、一つの動機、一つの愛でサタンの勢力達を崩し落とし、ハナニムが望み願われ預言された鐵杖(てつじょう)王国が、この地に早く来て、後孫達が5%の責任分担によって、その鐵杖王国を責任と自由によって、管理だけでなく主管する事ができるこの者達になるべきなのに(なるべきであるから)、皆さんの後孫達とまた、若い者達が、霊界にある世界が先祖の協助を受け、天使達の世界でも助けを受け、また、最も中心的なアボニムの聖霊の役事の火を受けてハナニムの王権、王国、ハナニムの国、未来の宗族王と王妃達として自己の責任を全て果たす事ができる勇士達にならなければならないのです。

それこそ祖上(チョサン)解怨式のそのような世界が今から、天上世界と地上世界が一つとなり共に動き、皆さんはアボニムの権限圏にいる宗族王と王妃達として、最初の先祖として、皆さんの先祖達はこれからは後押しし、アボニムとチャンプモニムを讃揚(チャニャン)し 、アボニムの熱い聖霊の火を受け、善悪不変、ハナニムの王国、鐵杖王国を迎える事ができる、そのような兵士達、勇士達、そのような天一国百姓(ペクソン)達、そのような天一国愛国者達に皆さんの先祖達と共になりましょう。我主(アジュ)、我主。

それではみんな一緒に祈祷しましょう。 オンマ。