ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

●二代王「過度に信じるだけになれば異端になってしまう」2019.5.8

Author
fujio kim
Date
2019-05-09 12:39
Views
88


●너무 믿음으로 가면은 異端이 되어 버려요
過度に信じるだけになれば異端になってしまう
(日本語, 7分半)
https://youtu.be/Ks_MvLAnEHw

●너무 믿음으로 가면은 異端이 되어 버려요
過度に信じるだけになれば異端になってしまう
(韓國語, 7分半)
https://youtu.be/9B6-SgMuk1I

時:2019年5月8日水曜日
場:韓国語礼拝
所:天一宮スタジオ

二代王:

きょうは、韓国語礼拝を天一宮でする事になります。真の家庭の榮進兄任(ヨンジンヒョンニム)の娘になる信兒(シナ)がきょう祝福を受ける事になっています。すぐ、出発しなければならないので、教会でいろいろな準備をするので、きょうは、ビデオメッセージ、インターネット放送で天一宮で撮って、すぐ出て行かないといけません。それで、すぐ聖經の句節に入りましょう。

驚く内容が発見されています。この二番目の本をドクター ポール ウィリアムズ博士(はくし)と書きながら、これは完全に全基督教を揺り動かすでしょう。すべての社会主義基督教を破壊的に暴露する事になるでしょう。社会主義基督教だけでなく、天主教(カトリック)の詐欺内容。だけでなく、進化論、落胎(らくたい=妊娠中絶)、政治サタン主義の内容を暴露するようになるでしょう。

大変高い次元で。ドクター ポール ウィリアムズ博士が大変多くの精誠と共に私達と込めて、大変質の高い本が出ています、今。(出るでしょう)

鐵杖(てつじょう)祝祭10月に私達はその内容を発表だけでなく、本のサイン会だけでなく、初めて本の出発をする事になります。

だから、その内容を通じてながら、本当に、私達はたくさんのたくさんの内容を発見するようになります。

特別に、今、(使徒行伝)21章(17節)の内容を読みますが、パウロだけでなく、ペドゥロ(ペテロ)だけでなく、ジェイムズ…ヤゴボ。

なんで、ジェイムズがヤゴボなの、韓国語で。いらだつね。なんでジェイムズがヤゴボなの。ヤゴボだね。本当にいらだつ。本当にめんどうだ。言語問題。ジェムズ、ジェイムズ、ジェイムズ。韓国人、ジェイムズ、知ってるでしょう?ジェイムズ ボンド。ジェムズ、ジェイムズ、ジェイムズ。なんでヤコブなの。とにかくそれは別の話。

さあ、初期基督教で、パウロだけでなく、ペドゥロ(ペテロ)だけでなく、ジェイムズ、ヤゴボ、ジェイムズがいたのですが、ヤゴボ(ヤコブ)は誰ですか、イエスニムの兄弟でしょう、兄弟。母が違う弟。

だから、事実、私達はヤゴボ(ヤコブ)についてたくさん聞く事はありません。特に基督教では。

なぜ?なぜならマーテン ルーサーが16世紀、改新教革命を始めた時に、マーテン ルーサーが自分が書いた文を見てみると、信じる事のみで、信じる事のみで、救いを受けるのである信じる事のみで。こういう極端的な信仰の内容を発見され…、プッシュしたのです。


そうしながら、ヤゴボ(ヤコブ)書を聖經(せいきょう)に出てくるヤゴボ書を取ってしまいました。自分の聖經から。それは大変異端でしょう。それをする事もそれ自体が異端でしょう。

なぜ。ヤゴボ書に出てくる話を見てみると、特に2章では、「行いのない信仰は死ぬ事である」。だから行いがないといけないという事です。即ち、5%責任分担があるべきという事です。

(だからと言って)しかし、行いだけで救援(救い)を受けるのではありません。信じる事により救援を受けるのですが、行いがその信仰と救援(救い)を証拠してやるのです。

だから、本当に救援(救い)を受けたなら、聖霊が入って来て、自分を変えているという事です。

だから行いが変わって来るのです。私達には(理解が)大変簡単な内容です。なぜ。(私達には)原理があるから。

しかし、一般基督教では、「行い」は宗教的内容だ。パリサイ人のものであると言うでしょう。

そうしながら、信じる事により、信じる事が重要である。確かに重要です。信じる事は捨ててはいけません。

私達の教会の問題は信仰を捨てたのです。行いだけが中心となり、信仰をだんだん捨てたのです。そうでしょう?オンマ。

それもだめです。それも極端的な反対の問題です。(極端に行いだけになるとそれも問題です)

信仰と行い。自由と責任。自由が一人でだけあるんじゃなくて、責任が一人でだけあるんじゃなくて、自由と責任。信仰と行い。そうでしょう?過度に行いだけに行けば、パリサイ人になり、過度に信じる事だけに行けば、異端になってしまいます。