聖殿のニュース

●ライオン クィーンズ TV「女性と男性を管掌(かんしょう)するホルモン」2019.3.26

Author
fujio kim
Date
2019-04-14 17:19
Views
319

●女性과 男性을 管掌(관장)하는 호르몬
女性と男性を管掌(かんしょう)するホルモン
(日本語, 10分)
https://youtu.be/EKR2qf__nmA

李妍雅(イヨナ)王妃:

男性と女性の差異はいろいろな説明をする事ができるでしょう。

今日(きょう)は私は男性の脳と女性の脳がどのように違い、ホルモンがどのように違うのかについて調べてみながら、女性と男性の差異を一度調べてみようと思います。

勿論(もちろん)、男性的な女性もありえるし、女性的な男性もありえるでしょう。

しかし、どんなに自分が男性的な脳を持っている女性だと言っても、女性の体を持っているので、女性の脳とホルモンの支配を受けざるをえません。

また、私がどんなに女性的な性向を持った男性であったとしても、その男性は、自身が男性の体を持っているので、男性の脳と男性のホルモンの影響を受けざるを得ません。

そのようなたくさんの研究が(されて)この本、「彼の脳、彼女の脳」という本をワルト レリモアという医者が夫人と共に書きました。

▽「His Brain Her Brain」
His Brain, Her Brain: How Divinely Designed Differences Can Strengthen Your Marriage
彼の脳、彼女の脳:神に設計された違いがあなたの結婚を強化することができます。


この本にはいろいろなたくさんの例がありますが、それを4つにして、どのように男性と女性が違うのか一度調べてみましょう。

では、一番目です。

左脳と右脳を連結する部分があるのですが、その部分を脳梁(のうりょう)と言います。その脳梁が女性は男性よりはるかに広いと言うのです。

そうだから、女性の場合は左脳と右脳が連結されていて、いろいろな話題をいっぺんに連結しながら考える事ができます。洗濯しながら、子供を迎える事、親戚の事、いろいろな事を考える事ができる。そのような女性の脳をスパゲッティのようだと表現します。

そして、男性の脳は、一つの箱の中に小さな箱がたくさん入っていると見る事ができて、その箱を取り出す時、男性の脳の中で他の箱とぶつからないように取り出して、使った後に、再び、入れ込む。一回に一つの課題だけするように男性の脳はできていると言います。

そうなっているから、女性達は言語能力、共感能力、コミュニケーションの能力に優れ、男性達は大変集中がよくでき、論理的で、一つの課題を大変完璧に処理するのに能力がある、そのような脳を持っていると言います。

では、二番目です。

男性と女性の脳から分泌されるホルモンが違って作用すると言います。男性はドーパミンとテスタストロンを持っている反面、女性はアクシトシンとセラトニンの支配を受けます。

では三番目に

男性と女性の差異点は、このように脳の構造と視覚と聴覚と触覚にも影響を与えるようになり、私達の判断過程にも影響を与えるようになります。

男性達の視覚は、空間能力が大変いいので、遠くの物を深く、そして細かく見る事ができるというのです。

しかし、女性の場合は、色を区分する能力が大変男性よりも優れているというのです。

それで、同じ虹を見ても女性は平均的に10通りの色を言う事ができるのに対して、男性達はちょうど7種、「赤、橙(だいだい)、黄、緑、黄、藍(あい)、紫」これを言うと言うのです。

また、女性と男性は聴覚においても差異が出ます。男性の場合は、女性の声を聞いた時に、「お、これは音楽」のように聞こえるというのです。音程が低くないからそうなんでしょうか。

だから一度、脳に入ってから、これは音楽ではないな、意味があるなあ…と、2回処理をしなければならないというのです。

だから、多くの夫人は、「なぜ私に2回言わせるの」とこんなに言う夫人もいますが、これは夫の脳が2回処理するからというのです。

しかし、女性はその反面、いろいろな音や声を一度に区分する事ができるというのです。多くは七種の違う音や言葉を同意に区分する事ができるというのです。本当に驚きますね。

触覚に男女の差異がたくさんあります。女性は男性よりもある痛みや苦痛をよりたくさん感じるというのです。

それで同じ衝撃を加えた時、女性はその衝撃に対して、体で痛みを感じる面積もより大きくそして、苦痛を感じる時間もより長いというのです。本当に不思議な差異です。

勿論、このような男女の脳とホルモンの違いは、身体にも影響を及ぼすでしょう。

男性の体は女性の体より、上体の力が8倍もより強く、また、筋肉の密度も女性よりもはるかに高く、そして、男性の体のヘモグロビンの量は女性よりもっと多いのです。だから傷が生じた時に、男性の体は女性の体よりも早く治療がなされると言います。

こういうホルモンの影響で男性と女性の身体は違って発達していて、従って男性と女性の身体的差異ははっきり存在しています。

ですから、オリンピックでも男性と女性が混じって競技を競わないのです。男性はオリンピックではるかに早く走り、はるかにより遠く投げる事ができます。また力動的になります。

私は感情の格差が大変ひどく、また頑固で論理と理解はありませんでした。一言で私の感情はこの世の真理だと考える者でした。

しかし、総合格闘技をする柔術黒帯を持つ夫に出会って暮らしたら、私もスポーツをするようになり、また柔術の青帯も持つようになりました。そうしながら男性と女性の力の差異がどれほど違うのか、練習を通じて本当に体で感じるようになりました。

男女平等がよく成されて模範的な国と言われるスウェーデンもアメリカも大部分の女性達がサービス職を選ぶ
というのです。レストランやティーショップ、不動産や保険会社などで働く、そんな室内で働く事を選好するという事です。室外で働くものがはるかに時給が高いにも関わらず、女性達はそのようなサービス職を選ぶのです。女性達は教師のような仕事を選好し、男性達は消防官や警察などの職種に集中しています。

貿易センタービルが崩れた時に、火災を鎮圧していて殉職した消防官達が343人でした。そして、その343名はすべてが男性でした。

また職業中に死亡した場合の男女対比を見れば、92%が正に男性です。それほど男性はより汚く危険な環境で従事しているので、そのような結果が出てくるのでしょう。

それならこういうふうに言う事もできるでしょう。「その人はお金をもらっているじゃないの」こういうふうにも言う事もできます。

しかし、そのような仕事は、危険な仕事であり、女性達が忌避(きひ)する仕事であり、男性達の脳がエンジニアリング(土木技術)に適合するようになっていて、また、肉体労働は歴史的に男性達が専門的に担当して来たのも事実です。

このように男性と女性はよくできる事、好きな事が違います。

また、もし私が火で燃える飛行機やビルに閉じ込められ足がどこかにはさまって動く事ができず、窒息死直前にあるとしたら、

私はその瞬間、本当に健康で頑強な男性救助士が来て、その物をぱっと持って、私を背負って逃げてくれる事を願うでしょう。

男女の違いは性差別でなく人体科学です。

今日(きょう)の結論です。

男性と女性の脳構造とホルモンは違います。私達は女性と男性の違いを理解し、お互いの違いの長所を学び認知する事ができます。

だからと言って、男性の脳と女性の脳が根本的に違っているのではありません。

そのように男子と女子がお互いウィンウィンできる=お互い益になる、そんな社会を模索しましょう。

男子と女子は「ユー コンプリト ミー」、あなたが私を完全にするそんな関係になれる社会を指向します。

ウメン ウィズ ストレングス エンド オナ、力と栄誉のある女性、ライオン クィーンズのヨナでした。

「いいね」「登録」を忘れないで押して下さらないといけません。

感謝します。

Total 0