聖殿のニュース

陽暦2019年3月10日 山口聖殿 日曜礼拝

Author
fujio kim
Date
2019-03-06 14:13
Views
163
山口聖殿 
陽暦2019年3月10日日曜日 天基10年天暦2月4日

■礼拝順序

天一国国歌
・敬拝
家庭盟誓

▼代表祈祷


天地人真の御父母様。御父様…。康賢實(カンヒョンシル)御母様御聖和の為のこの尊い期間に山口聖殿を代表して祈祷をおささげすることを心深く感謝申し上げます。

3月6日午後5時41分。真の御母様はご聖和なさいました。

私は、幸運にもお近くで侍る機会を何度か頂きましたが、思い返してみても、御母様は、寝ても覚めても御父様御父様と語られ、聖書そして八台教材教本を訓読なさるお姿でありました。

その絶対的な信仰によって絶対的な実績を納め、再臨のメシア 主とともに歩まれた経歴は信徒と歴史の前に燦然(んぜん)と輝きます。

しかし、そのすべての栄光を主だけが受けるよう深く願われた御母様でありました。完全な信仰姿勢は、私たちにあまりにも多くの教訓を残されました。御母様が書かれた、「イエス様が十字架にかけられたのは私のせいです。 私を許してくださり感謝します。ありがとうございます。この場面を考えながら私の救世主を思います」
という告白の言葉を私は忘れません。

集う全てのシックの心に刻み、生きていきます。真の御父様のみ言に従って、御父様の代身者相続者である二大王様のもとに90歳のお体で単身アメリカに飛ばれた、絶対信仰絶対愛絶対服従の御母様。御父様の王妃様の席を守って人類の始祖として完成完結してくださった御母様。日本を愛してくださった御母様。感謝、感謝、感謝申し上げます。

真の御父様のおそばに今立って私達すべての人類の模範として立たれた御母様。心からの感謝と賛美を送ります。ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ。

愛なる天のお父様、3月18日聖和式までのこの期間、山口聖殿、心情を一つにして祈祷、訓読、精誠を立てて行こうと思います。そして、姜お母様が最後まで愛し、侍られた二代王様の御前に、私達もまた祭物としての道を完成することができますように、全てを主管し、お導きくださいませ。

幼い者の祈りではありますが、全ての祈りを祝福の中心家庭佐藤健琴江の子女の名をもって
み前にお捧げ申し上げます。アーメン、アージュ。


■御言葉

二代王
●라이온 퀸즈 TV가 爆發的으로 福을 받았습니다
ライオンクィンズTVが爆発的に福を受けました。
(日本語, 10分半)

二代王
●True Mother Kang Hyun Shil Peacefully Passed
康賢實(カンヒョンシル)チャムオモニが安らかに逝かれました
(日本語字幕, 4分半)

姜賢實先生自叙伝
●「パゴダ公園で原理を伝える」
(日本語,14分)

康(カン)オモニ
●「いつも感謝する心」
(日本語7分30秒)

康(カン)オモニ
●다 抛棄(포기)하고 가는 거예요
みんな放棄して行くのです
(日本語字幕, 2分半)

■讃揚(チャニャン)礼拝

●「サランハムニダ ナエイエスニム」(3分)

●あの高い所に向かって(7分)

●億萬歳+ハナニメ サランイ(7分)

▼佐藤琴江オモニのお話(5分)


山口聖殿は康(カン)御母様と大変因縁の大きいつながりがありました。康御母様の姿を思う時に、朝3,4時頃から起きられて、御父様、御父様、と口に声を出しながら祈祷されておられる姿を思い起こします。本当に尊敬いたします。日々の生活の中でも、たくさんの御言葉を語って、与えていかれる姿に、私もこのような人になりたいと思いながら、今日まで歩いてきました。

今日、ビデオで康御母様の語っておられる姿を見ながら、また、最後、韓国をあとにして、絶対信仰・絶対愛・絶対服従なるその行動をとって行かれた御母様に心から感謝申し上げます。そして、女性として、相対の立場に立つお父様に、最後まで謙遜にして、従順なるその姿の中に、私もそのような生き方をしていきたいと思いました。

私達家族は14日にアメリカへ向かいます。皆さん、どうか聖和式があるこの期間、一つになって訓読をなさり、120拝の敬礼をこの聖殿で行っていってくださるとよいかと思います。よろしくお願いします。真の康御母様、本当に感謝申し上げます。ありがとうございました。
Total 0