ペンシルベニア本部礼拝・세계본부예배

●二代王「利己的な目的で按手を受ければ呪いとなる」

Author
fujio kim
Date
2019-02-14 23:28
Views
41


文亨進二代王
●利己的인 按手는 詛呪가 될 수 있다
利己的な目的で按手を受ければ呪いとなる
(日本語通訳, 8分半)
https://youtu.be/h0FFRUW0acE

●二代王「利己的な按手は呪いになることがある」2019.2.13

アメリカ世界本部における2019年2月13日の水曜礼拝は、天候が悪いという事で、本部礼拝堂ではなく、天一宮のキングスレポートのスタジオで行われました。

二代王:

祭物が祭壇に上がって、そして祭物が神様に捧げられる時、その時に祭司長が祭物の頭の上に按手をします。死ぬ直前に。そして首を切ります。

皆さんも按手を受ける時に死のうという心で、イサクがアブラハムに従おうというその心で按手を受けなければなりません。

利己的な理由と利己的な目的の為に按手を受けるようになれば、むしろそれは詛呪(そじゅ=のろい)になるかもしれません。

生きようとする者は死に、死のうとする者は生きるようになる。死のうという心で私達は按手の場に行くのです。

多くの人達が自分が願う内容を持って、その為に祈祷を受け按手を受けようとするんだけれど、神様はもちろんその瞬間に治癒の役事をする事ができるんだけれども、その内容と理由が、神様に栄光と喜びをお返ししようとするものでなければなりません。

その祭物が斎壇に上がって、死を覚悟するその瞬間、祭司長が按手をしようと頭の上に手を置いて、その祭物が地に落ちて死にます。

私(自分)の愚かさや自我、そういう内容は死んでいかなければなりません。そうしながら、ハナニムの復活の役事を通しながら、私は死んだのだけれど、再び復活しながら主と共に起きなければなりません。

●引用された聖句

レビ記1章1節から8節(韓国語改訳改訂聖經の日本語訳)

ヨホワ(神様)は会幕でモーセを呼んで彼に言われた。

イスラエル子孫に言って言え。あなたがたの中でヨホワに礼物を捧げたいなら家畜の中で牛や羊で礼物を捧げなさい。その礼物が牛の燔祭なら、傷のない雄(オス)で会幕門でヨホワの前に喜んで受けられるよう捧げなさい。燔祭物の頭の上に按手しなさい。

それにより喜んで受け取られる事により彼のために贖罪になるだろう。彼はヨホワの前にその雄牛を屠(ほふ)ると、アロンの子孫の祭司長達は、その血を会見の会幕門の前祭壇四方にまくのであり、

彼はまた、その燔祭物の革をむき各部を切り取り祭司アロンの子孫は祭壇の上に火をつけて火の上の木を広げておいてアロンの子孫の祭司たちは、その切り取った各部と頭と油を祭壇の上の火の上にある木に広げて置くのであり