2015/2/1(日曜日)

winter (131)

*2015/2/1(日曜日) *天一国2年  天暦12月13日 ~  今日のみ言葉  ~ “公的な世界をおいたまま自分を第一とする人があれば、彼は滅亡のるつぼとなるのです。” (み旨の道ー人格ーより)   おはようございます  2015年、1月が過ぎ去り2月1日の朝となりました。近くの山にうっすらと白い雪が見られる朝です。 1月は自然の気候も寒さの中に始まり、寒さの中に終わりました。そして、フランス・パリの襲撃テロや

Continue reading


2015/1/31(土曜日)

autumn (71)

*2015/1/31(土曜日) *天一国2年  天暦12月12日 ~  今日のみ言葉  ~ “寝ても覚めても、人を見たらみ言葉を伝えなければなりません。み言葉を伝えなければ心残りを感じなければなりません。その様になる為には自分自身がみ言葉を好きでなければなりません。そうするためには訓読会が必要なのです。” (み旨の道ー訓読会ーより)   おはようございます 曇り空に霙ぱらつく寒い朝です。蝋梅の花が冷たい水に濡れて下を向いて咲いています。この花の香は結構強いのです。蝶々もいないこの季節何故こんな芳香を嗅ぐわせるのか、切ない花です。 今朝のみ言葉は訓読会です。訓読会を通してみ言葉を愛し、み言葉を伝えなさい!というものです。 お父様という方は本当にみ言葉を愛された方です。み言葉が心となり体となり生活となった方でした。訓読生活の伝統を立てられながら、訓読をもって国をなす!とまで語られた方です。 その伝統を尋ねて行かなければなりません。その様にみ言葉を愛しみ言葉に生きてみ言葉の人となって行くことが私達の希望であるのです。 そして、み言葉がみ言葉で終わってはなりません。必ずみ言葉の花を咲かせ実を結ばなければなりません。そこにみ言葉の意義と価値があるのです。 昨日、横浜港のコットンハーバーというところに陸揚げされている good go を見てきました。made in paragai の文字が鮮烈でした。 み言葉無くしてこの舟も無かったことでしょう。み言葉無くして来るべき世界も無いのです。 み言葉、人格、心情、それらを土台とした信仰の道こそ未来を切り開く力であるに違いありません。  

Continue reading


2015/1/30(金曜日)

winter (127)

*2015/1/30(金曜日) *天一国2年  天暦12月11日 ~  今日のみ言葉  ~ “み言葉をみ言葉として分からない人は、み言葉の審判を受けるのです。私達は、死んだとしてもみ言葉を千秋万代の後代の前に残して行かなければならないのです。” (み旨の道ーみ言葉ーより)   おはようございます  再び強い寒波が日本全体を覆う朝です。多くの地域が雪景色で覆われていることでしょう。 今朝のみ言葉は正しくみ言葉の章ですが、み言葉をみ言葉として果たしてどれ程理解できているか?と問う内容です。 皆さん、如何でしょう?私達はこれまで、み言葉と語られる多くの資料に接し多くの理解を重ねてきているように思います。その体験と人生の積み重ねが、今の自分自身を形成していると言っても過言ではありません。 そこにおいて私達は、どれ程自分自身に確信を抱き自分自身を誇りとする日々を形成しているでしょうか? み言葉は人生観や価値観となり、自分をして他の人には見られない優位性を発揮させる原動力にもなるはずです。 少なくとも、み言葉を知らないで生きる人生よりも、み言葉を知って生きる人生の恵沢の方が優れたものであるという事実を私達は否定出来ないのです。 しかし、現実は理解の度合いです。そこにおいては個人差があるのです。神様はしかし、落後者を出したくないのです。審判したい神様ではありません。 み言葉がみ言葉として、全ての人々に受肉される日の来ることを願われる神様であることを私達は理解して行かなければなりません。 原理本体であられる神様は、原理を抱いておられます。その原理が万民に共有されて始めて天国が来るのである!という事実を深く理解して行きたいものです。

Continue reading


2015/1/27(火曜日)

winter (134)

2015/1/27(火曜日) *天一国2年 天暦12月8日 ~ 今日のみ言葉 ~ “天が立てようとした歴史的な体と、天が探し立てようとした天宙的な心に成っているかを、絶対的な基準で探してみる時が来るのですが、その時が審判の日なのです。” (み旨の道ー審判ーより) [?] おはようございます [?][?][?] 霞がかった空に白い太陽が浮かび始めました。雨に濡れた木々の葉が光を浴びて輝く朝です。 今朝のみ言葉は審判の章です。審判の日とはどの様な日であるか?と問う内容です。 とするとその答えは、天が立てようとした歴史的な体と心に成っているかを絶対的な基準で探す時だと言うのです。神様が人探しをするような話です。

Continue reading


2015/1/26(月曜日)

winter (72)

2015/1/26(月曜日) *天一国2年 天暦12月7日 ~ 今日のみ言葉 ~ “宗教を通過せずしては天国へ入って行くことが出来ません。宗教が教えてくれる最高の教理は、神様を絶対的に為とし、人類を絶対的に為とせよということです。” (み旨の道ー宗教ーより) おはようございます どこか寂しい湿った曇り空の小雨降る朝です。新聞に目をやれば、イスラム国での邦人人質殺害の報です。日本中に衝撃が走る朝です。

Continue reading


2015/1/25(日曜日)

winter (85)

2015/1/25(日曜日) *天一国2年 天暦12月6日 ~ 今日のみ言葉 ~ “アベル一人で天国へ行くことが出来ません。カインと一つにならなければ神様の愛を受けることが出来ないのです。堕落した世界を収拾して行かなければなりません。” (み旨の道ーカインとアベルーより) おはようございます 穏やかでキリリと寒い日曜日の朝です。蝋梅の花芽が一つ二つと開き始めました。

Continue reading


2015/1/24(土曜日)

winter (100)

2015/1/24(土曜日) *天一国2年 天暦12月5日 ~ 今日のみ言葉 ~ “信仰の3子女は、アダム、イエス、再臨主など、3時代のカインを屈服させることの出来る条件的な人物達です。” (み旨の道ー信仰の子女ーより) おはようございます 青空に白い雲が浮かび、小鳥達が囀ずり、蝋梅の花芽が大きく膨らみました。大寒の中にも春の気配を臨む朝です。

Continue reading


2015/1/22(木曜日)

winter (47)

2015/1/22(木曜日) *天一国2年 天暦12月3日 ~ 今日のみ言葉 ~ “悔い改めの体験をしなければ、神様の息子娘となることが出来ません。その悔い改めの体験を重ねることが重生なのです。” (み旨の道ー祈祷ーより) おはようございます 季節は大寒、寒い日々が続きます。 何故か神様は一年に一度、このような季節を与えられました。しかし、この大寒の季節こそ私達の身と心を洗い清める大切な時であるに違いありません。

Continue reading